夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.37
  • (332)
  • (214)
  • (90)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 2498
レビュー : 135
  • Amazon.co.jp ・マンガ (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193623

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友を巻き込んでしまう迷いと、友の足手まといにならないかとの迷いが、2人の友情を深めていく。

  • アニメ3期の第一話の原作が載っている巻でした。付喪神のくだりは、アニメの方が丁寧に描かれていたね。今回は田沼の受難と夏目の決意…かな。

  • 優しい妖怪がたくさんででくる。
    レイコに鏡をもらったというおばあさんとか。

    そのあと夏目がビンに入れられちゃう。ニャンコ先生に化けてもらって夕飯や学校生活をしのぐ夏目。
    田沼はニャンコ先生が化けているのに気づく!すごい!
    オミバシラ様復活のため、夏目がビンに入れられたことが分かり、田沼、ニャンコ先生、名取たちが夏目を助ける。
    できるだけ田沼たちを巻き込みたくない夏目に、名取が「夏目にはきっと必用なんだ」と励ましてくれる。
    険しいかもしれないけど、夏目だけの道を歩いてほしいなぁ。

  • 夏目の瓶詰め事件。
    夏目は幸せなやつだなー。

  • 田沼がかっこいい。

  • 友人より借りて読破。

  • 夏目がビン詰めにされたり、にゃんこ先生が夏目に化けたり楽しい1冊でした。
    表紙のW夏目がお気に入り。

    お互いを大事に思う田沼と夏目の関係がもどかしいですね。
    でもこんな風に相手を思いやれる関係が羨ましかったりもします。
    今後の展開が楽しみ^^

  • 田沼大?活躍のお話。
    お互いに不器用だけど、これだけ思いやりを持っているのなら、多少のジレンマや壁があれどもう親友だよね。
    アニメ見ようかな

  • 夏目に変身したニャンコ先生の「どーよ」がツボにはまっておかしかった(笑)

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 12 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

ツイートする