夏目友人帳 第14巻 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.24
  • (217)
  • (197)
  • (84)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 2122
レビュー : 127
  • Amazon.co.jp ・マンガ (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193647

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フクロウみたいな妖怪がかわゆかったなぁ。あと子供の妖怪も!守りたいものが増えていく夏目くん、迫る祓い屋的場一門の手。夏目くんの選択が気になります…。

  • "「ーー最近 変わった人に会ったのよ
    人間のくせにこの私に話しかけてくるの
    木に登ってたら危ないから降りなさいとか
    もうおそいのに外を出歩くなとか 男のくせにこうるさくて苦手なんだけど
    ーー多分他の町に住んでいて たまに ふらっとこの町にくるみたい
    その人が時々お饅頭を買ってくれるの
    七辻屋っていうとてもおいしいお店なのよ」"

  • 誰だって楽しいことや嬉しいことが好きだっていう当たり前のことに気づけた巻。

  • 14巻

  • 大好きな夏目シリーズ最新刊ですが、
    期待度大だっただけに、今回はちょっといまいち。
    初期の頃の感動系が薄くなってきた感じがします。
    やっぱり、夏目が成長しちゃったからなのかな。
    最後の中級の短編が一番、夏目っぽくてぐっときちゃった。
    中級、これからも名前なしでいきそう。

  • 人と妖。それぞれのいいとこどりをしようとか、どちらとも適当な距離をもって付き合おうとか、そういうことを思わない夏目だからこその葛藤が切ないです。

    視える人間。力がある人間としてはレイコさんや名取さんや的場がいる(いた)けど、「夏目貴志」が目指す道はそのどれでもないんですよね・・・。
    この先不安と困難をどう乗り越えていくのか。元々繊細な物語ですが、さらに繊細になっていきそうです。

  • 1巻から14巻まで一気読みしました。
    夏目の不安定さや繊細さがなんだか気になる、全体を通しても繊細な物語だなぁと思いました。
    心の成長が丁寧に描かれているなぁと思いました。
    オーケストラなアニメの方も見てみたいな。
    きっと新たな表現が加わって素敵なんだろうな。

    五十五話の妖怪さんが好き。
    全巻通して、唯一笑ってしまったコマはこの話の
    「超 薬 探してくる」と「超 魚 とってくる」w
    凄く可愛かった(笑)
    あとは、意外と一巻のツユカミのじいさんの話が好きだったりします。

    作者様のネタばれの各話解説コーナーとあとがきが好きです。
    「おつかれさまでした。」から始まる心遣いがにくいです。
    素直な作者様に好感。

  • 人間としてのレイコの痕跡を探しますね。

  • 前巻が人との関わりの話とすれば、こちらは妖との関わりの話。物語の大きな展開はないものの、主人公の祖母レイコの過去も交えて安心感のある巻。

  • 今巻は妖がらみが多めで、初期っぽいお話が多かったかな。

    けど夏目の立ち位置が初期とはだいぶ変わってきたな、と。
    守りたいものや、知りたいことが増えたことによって、彼はどこへ向かうのかが気になるところ。

    そして、もしかしたら祖父?って人の影が。

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 第14巻 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

ツイートする