夏目友人帳 21 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.19
  • (67)
  • (70)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 834
レビュー : 46
  • Amazon.co.jp ・マンガ (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193715

作品紹介・あらすじ

森で小さな妖怪に会った夏目。親分妖怪の眠りを覚ます「石起こし」の役を任されているという。しかし、褒美の酒をめぐり妖怪達が起こし役の横取りを画策!そこにニャンコ先生も参戦していて…!?式の妖怪達に会う前の名取を描く特別編も収録。あやかし契約奇談第21巻!!
2016年10月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読了

  • 新しい趣向に満ちた一巻。
    ニャンコ先生の心意気、妖の恋心とも言える気持ちなどなど、新鮮な話を楽しめた。

  • 2019/01/30購入・03/11読了。

    ミニニャンコ先生ほしい・・・。的場と名取が高校時代に知り合いだったのは意外。

  • -

  • もう21巻・・・でも、穏やかに語られる物語は変わらず。
    そこが良いのだと思う。夏目自身はだいぶ成長したけど。
    ゆるやかな心の成長だね。表情も柔らかくなりました。
    ほっとけない妖や友だちのために、つい奔走してしまう。
    それも以前より、積極的になってきました。
    ミツミやカエダに対する手助け、
    ミニ先生の傷ついた器を心配する様子・・・良い感じです。

    特別編の名取と的場の過去。これも良い。
    二人の今に至る行程がだんだんとわかってきました。

    あ~振り返り読みしそう・・・20冊かっ!

  • 若い頃の話良き

  • 派手なことは起きないけれど、古書店の話が好み。

  • 読み終わりました。


    八十二話

    誰かに、「あなたは向いてない」「やらない方がいい」
    「あなたにできるわけないでしょ」と言われたことがあるので、

    尚更、信じて任せてくれる誰か。。がいるって
    素敵なことだと私は思う。
    ミツミの、めげずに頑張る姿、カッコいいと思います❗
    私もくよくよしてはダメだと
    思わせてくれる勇気のお話。


    ふと、この言葉を思い出しました。
    うるおぼえですが、「仕事は好きか」「仕事が好きなら何があろうとも生きていける」
    良い言葉だな、そうだよね。。って
    朝ドラを見ながら
    見に沁みました。


    信頼されてるっていいよね。

    あのキラキラとした情景、映像化したら
    きれいだろうな

    見てみたい。。


    八十三話
    外から見ると分からないけど
    実は中に入ると広い店内。。
    そういうの私も好きです。わくわくしますよね!
    私も本好きなので行ってみたくなりました

    いつか北本達にも妖かしのこと話せるだろうか。。
    という夏目の心情


    ついにやっと、そう思える時が来るなんて。。
    読んでいて嬉しくなりました!
    今まで読み続けてきたからこその嬉しさ


    いつかそういう場面が見れたら、どんなに嬉しいか
    そう思う今日この頃です。

    夏目、物怖じせず妖かし相手にパンチを入れる光景を
    よく見るようになったのですが、
    強くなったなと嬉しく思えたり。。


    北本が妖かしと絡むの何だか微笑ましかった。。
    もっと見ていたかったなそう思いました。


    八十四話

    ミニ先生、かわいい!
    色々な所に出没し、驚く夏目が面白かったです。
    ほんとかわいかった。。
    そういえば、前の巻はちび夏目が出てきましたよね!

    作ったものが、命を吹き込んで動く。。
    凄いことですね。

    今いる家は古い物があるので、妖かしいるかな。。
    かわいい妖怪さんだったら会いたいな
    そういうのが、もし存在するなら。。


    その先を読んでいくと
    色々な事情が分かってきて。。

    物には寿命がある。
    今、その時が来ただけ
    その言葉の裏には、どこか寂しさが伝わる。。

    物を大切にしなきゃと色々と考えさせられるお話でした。

    動きもしないものが、恋しい。。の言葉
    常に動いているものを見ているから、
    はっと
    させられる。。


    つい最近のこと
    ある時間になるとぼーんと動いていた
    子供の時からあった時計。。
    今は全然動いていないみたい


    振り子時計が出てきた時、
    久しぶりに見た時のことを思い出しました。

    修理に出していないみたいだから、
    神主さんの気持ちと同じなのかな。。と
    勝手に思ってしまいました。

    ちょっと現実と関連していて不思議な感覚。。



    気づいたら、もう八十四なんですね!凄いです!!
    こんなに続いてたんだなと嬉しくもあり驚きました。ずっと続んでいたいシリーズです。

    アニメも楽しみに見ています!
    今、6シリーズ。。
    アニメも続いていて凄いし嬉しい。

    夏目友人帳に出会って良かったです。



    特別編

    久しぶりに名取さんがでてきました〃〃
    名取さんも学校では
    夏目みたいで。。

    同級生に憑いているのをほっとけない、
    無視できないところとか。。
    授業中に寝ちゃうところ。。


    的場さんも出てきましたね。


    的場さんも名取さんも掴み所のない
    不思議な人だなと思ってたけど、
    色々な表情が見られて読んでいて楽しかったです。

    そして二人ともカッコいい!
    名取さんを助けるシーンもドキドキしました。

    壺の中に入っている妖かしが、
    退治した妖怪を食べるシーンは(なぜ…?)と思ったけど、
    的場さん、ちょっと怖いイメージだったのですが
    理由が分かったら。。


    でも食べさせるのは怖かったな(苦笑)




    瓜姫って。。いつも名取さんと一緒にいる式ですよね⁉
    出会う頃のエピソードが見れて嬉しいです。
    そうだな、瓜姫という名は?と言ったとき
    嬉しいのと同時にびっくりしてしまいました。

    こういう名前の由来があったのですね!



    もともと的場さんの式だったんですね。。
    捨てるのは許せなかったのですが、
    見ていて不思議な縁だなって思いました。

    名取さんとも出会えたから。。



    今も瓜姫も笹後も柊も名取さんの傍にいられて
    幸せなんじゃないかと思うお話でした。

    笹後に出会うお話も見てみたいな。。
    もう出てたりして。。。


    いつかまた一巻から読んでみようかな////

  • 面白いがそろそろ伏線回収して欲しい。

  • 熊本・大分地震に執筆だそうです。
    20巻からデジタル彩色だとか。スキルの向上を望みます。

    名取の過去話は興味深いかと。

全46件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

夏目友人帳 21 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

緑川ゆきの作品

夏目友人帳 21 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする