サクラの秘事 2 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
3.76
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592193999

作品紹介・あらすじ

祖父の借金の形に引き取られ飼猫(ペット)としてご主人様・慧と同居中の葵。ある日、中等部の匠に告白されるが、彼は葵の気持ちをよそに思わぬ行動に…。そして2人の禁断の関係は!? トップシークレットロマンス完結巻。 2013年8月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全書閃+萌>///< 是說之前也租過萩尾的小推理XD

  • 二巻目は意外とあっさり終わりました

    慧の出生の秘密が予想とは違っていて良かったです
    にしても慧とお父さんは結局似た者同士なのね(された側の態度はまるで違うけれど)

  • 祖父の借金の形に引き取られ飼猫(ペット)としてご主人様・慧と同居中の葵。ある日、中等部の匠に告白されるが、彼は葵の気持ちをよそに思わぬ行動に…。そして2人の禁断の関係は!?
    最終巻です。
    2巻で終わってしまったけど、ちょうど良い感じで終わった気がします。

  • 2013/08/09購入・08/21読了。

    後半ごちゃごちゃしましたが最後はフラグを回収してくれたので、すっきり終わりました。末永くお幸せに。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ハ-6/2 
    【資料ID】 1001011888 

  • 猫と飼い主、秘められた甘い関係が秘め事でなくなる最終巻。
    葵の無自覚な言動の数々によって葛城の理性が何度も試されてるところと、いちゃいちゃしてるのが見所。この作品が好きなので終始にやにや止まらなかった。
    最初の葛城視点の話があって新鮮で面白く、後に登場する葛城の両親のキャラクターもよかった。
    中盤以降は駆け足展開だったけど、2人の家族についての伏線も回収されてたし満足。
    描き下ろしの甘々な雰囲気に悶えさせていただきました。もう少しこの可愛らしい2人のいちゃいちゃを読んでいたかったな。

全6件中 1 - 6件を表示

サクラの秘事 2 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

萩尾彬の作品

ツイートする