赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.32
  • (116)
  • (79)
  • (40)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 934
レビュー : 57
  • Amazon.co.jp ・マンガ (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オビの心変わりというか成長というか、が、見れます!
    そして白雪の城での成長?というか立場の昇任も見れて、いろいろみんなの成長に胸がくすぐったくなります(^^*)

  • 相変わらずゼンと白雪の初々しすぎるカップルに「もっと先に進んじゃいなYO!!」と後ろから突き飛ばしたいぐらいです(笑)

    なにげに好きなオビの話があって俺得な巻でした。

  • 本編ではないけれど隣国の王子の凛々しい姿になぜか笑ってしまった。そして添えられた「フィクション」の文字が……。
    本編は大変よかったです。安定の善さ!
    オビのかっこよさがさらに上がったなー。やっぱり好きだなオビ。そしてゼンが白雪を自分の馬に乗せたがってる場面とか、とかっ
    あとはお兄さんの発言。
    異様にでかでかと出ていたハキさんが気になる……。

  • 【あらすじ】
    目指す未来と、二人が“どうなりたいのか”を確認し合った白雪とゼン。タンバルンへ帰るサカキを見送った帰りに急遽外泊する事になったのだが、夜中にオビが一人で抜け出して!? そして、正式な宮廷薬剤師になった白雪は、リュウと北の地に赴くが!?

    【感想】

  • やっと見習いがとれた!
    その調子で能力的になくてはならない女になるのだ

  •  オビ過去編、そしてイザナからゼンへの挑戦状は白雪を娶りたくば「兄を乗り越えてみせよ」というものだろう。
     アニメーション版ラストのあたりを経て、白雪・リュウ、そしてイザナは北へと向かう。

  • 8巻の表紙はオビ。順風満帆に見えるゼンと白雪の間に入るとしたらこのオビなのですが、ゼンはきっとオビの気持ちなんてお見通しで、それを承知でオビに白雪を守らせているのだと思うと、その辺お鷹揚さがほんと人の上に立つ人間だなぁ、と。もちろん嫉妬もしてるんだろうけど、有用だと思えば冷静に判断できるの王子っぽい。まあ、そんなゼンが好きだってだけの話なんだけど。その辺の手のひらで転がされてる感をわかっていながら、踊ってあげているオビも嫌いではない。

  • 30-34
    おまけ

  • 兄王子と弟王子のやり取りを見ているのが楽しくて好きですね♪この兄弟、もっと一緒に行動して欲しい。
    白雪とリュウは出張へ。2人の出張先にお忍びで来る兄王子は、ゼンと血の繋がった実兄らしい行動ですね(笑)

  • 相変わらずオビが格好よすぎる! 今回スポット当たってウハウハしっぱなしだった。木々嬢とミツヒデの関係も素敵すぎる。巻末おまけもよかったー。だが、やっぱり表紙だろう! 作者もミツヒデも”服を着ろ!”と言ってるが、彼はこれでいい!目の保養w

全57件中 1 - 10件を表示

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

赤髪の白雪姫 8 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする