赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)

  • 白泉社
4.38
  • (91)
  • (54)
  • (24)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 776
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592194415

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回帯に「第二王子の妃選び」ってあったので、ついに白雪が?って思ったら、そういうオチですかってちょっと残念。木々のドレスアップ姿を見れたのはうれしいですけど。

    木々が求婚相手を明確に出したのもうれしかった。やっぱミツヒデでしょう。オビではないといいながらも、自分でもないと思っているミツヒデに木々が求婚したときのミツヒデを絶対に見たいです。

  • ゼンが白雪を王宮に呼び寄せ、白雪が初めて「王子妃候補」としての実感を持たされる回。周りの人の目や、豪華な住まいに対しての白雪の気持ちがどうもよくわからかなかった。ゼンに明日も会えるのが嬉しい、といって身を寄せるシーンも、何故か白雪の表情が描かれないし、そこになんとなく裏の感情を疑ってしまうのは考え過ぎなのだろうか?

  • 1巻から一気読み。面白い。出てくるキャラが敵も含めてみんな憎めなくていい。オビがたいへん好みです。あと、ラジのような成長する人も好き。ゼンもラジも側近に恵まれてるよなあ。

  • 白雪たちの元に嬉しい来客がやって来た。
    リリアスからやって来たユズリたちとの再会に白雪は喜ぶ。
    一方、最近続々と縁談の申し込みが舞い込み始めたゼンは、見合い相手を集めた夜会をするように言われ…。

    王宮での日常が戻って来た!と思いきや、中盤から一波乱ありましたね~。
    しかしこれだけはっきり公に意志表示しちゃったら、もうあとは周囲に認めさせるだけですね!
    風当たり強いだろうけど、頑張れ白雪! 
    ゼン以外にもオビや木々、ミツヒデも近くに居るから大丈夫だとは思いますが。

    そして木々のドレスアップ姿がまた拝めるなんて!
    しかもはっきり求婚相手をカミングアウトした!(ゼンだけに)
    全然カケラも自分だと思ってないくせに、オビだけは「ない」と言い切れるミツヒデがステキ(笑)
    こっちも順調に進んでいるようで何よりです。
    でも次巻予告見ると、ミツヒデが唯一嫌いなあの人が再登場…!?(笑)
    楽しみです。

  • オビと白雪が表紙を飾る11巻…とても仲が良さそうでとても萌えるんですか、いいの殿下(^^)?そんな本編は、リリアス組が王城にきたり、ゼンが見合いをしたり、白雪にゼンの名で王宮内に部屋が与えられたり。白雪が嫌味をぶつけてきたユウハに対して堂々としたたのがかっこよかった。個人的には髪を切った木々が地味に嬉しいw短いの似合う、かわいい^^

  • 「それは助かる」的なエピソードが読みたいです。

  • 白雪にゼン殿下の名で王宮内に部屋が与えられた。ミツヒデの裸を白雪が目撃する件、ゼンとミツヒデが面白過ぎる。

  • “「え!?木々さん髪切ったの!?」
    「ああ 今朝来たらな」
    「そっか… じゃあもう一回髪下ろしてるの見たかったなあ…
    でも短くてもまた素敵な…」
    「…白雪 おまえそれオビと全く同じ反応だからな」”[P.41]

    ゼンを差し置いてのオビと白雪の表紙絵……安定しすぎて……。
    今巻もとても良かった!強い白雪がとても好き。
    そしてちょくちょくとある笑えるやり取りが最高……!

    “「ーーあいつは…昔から時々同情するくらい抜けてるが
    木々の背中を他の誰かに守らせるなんて考えもしてないくらいには
    ちゃんと図々しいと思うぞ」
    「それは助かる」
    「ともかく一安心だ
    答えを聞いて自覚したが 俺もどうも悶々としてたらしい」
    「へえ」
    「主人としてはそりゃあな
    ミツヒデは一人で好きなだけ悶々としてればいいわ」”

赤髪の白雪姫 11 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

あきづき空太の作品

ツイートする