BEAR BEAR 2 (花とゆめCOMICS)

著者 :
  • 白泉社
4.28
  • (21)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592196006

作品紹介・あらすじ

渕中春佳、身長143.2cmの女子高生。好きな物は、クマさん…改め犬飼君! 恋人同士の2人だけど、中々距離が縮まらない。春佳は、文化祭でクマの被り物+女装で給仕をする犬飼君に思わず抱きついてしまい!? でこぼこカップルのもどかしい恋、ここに完結!! 2013年10月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 終始このバカップルに萌えて悶えた。初々しくて可愛すぎる。
    犬飼くんの文化祭の司会用制服がツボ。
    犬飼くん視点の過去話があったのが驚き。
    特にクマの着ぐるみバイトのゆえんと春佳との出会いってこういう感じだったんだと。クマのかぶりものがないと理性保てないとか嫉妬とかああもう可愛い。
    皐月の付き合ってる人って彼だろうなと思うとこちらにもにやにや。

  • 最後まで、クマの着ぐるみに勝てなかった犬飼くん不憫(笑)
    春佳が純な為、可愛らしい微笑ましいカップルで、読んでいて癒されました。
    中学生の犬飼くんと先代クマさんのやり取りも微笑ましかった。
    先代クマさんについて、もう少し詳しく描いて欲しかったです。

  • 1話目から付き合ってるのに焦れ焦れなふたりが堪らない。面白かった!

  • 渕中春佳、身長143.2センチの女子高生。好きな人は、クマさん…改め犬飼君。
    恋人同士の二人だけど、中々距離が縮まらない。春佳は文化祭でクマの被り物+女装で給仕をする犬飼君に思わず抱きついてしまい!?

    二巻で終わりだなんて!と本気で凹んだ。
    でも最後まで読み応えあって最高でした。着ぐるみ系男子、これは来るな!(笑)
    相変わらずクマさんだと平気で、素顔だと恥ずかしくて殴られたり突き飛ばされたりな不憫系彼氏の犬飼君。でも犬飼君も昔荒れたりしてたんだなーと意外だった。というか実は結構な片思いをしていたと発覚してびっくり。いつかその過去の出会いも話せるといいね。
    鮭島兄弟はひっかき回すだけかと思いきや、結構お兄さんがいい案配に声を掛けてくるので侮れない。
    最後までもどかしくハラハラもさせられたけど、うまくいってホント良かった。こっちまで悶える。可愛すぎるこの二人。
    文句なしにお勧めできる作品です。

  • 2巻も引き続き、可愛い&面白いが丁度良かった♪

  • すごい好きな作家さんの初連載完結本。
    一巻同様に、笑いの要素がありつつ(この先生のは個人的にツボ。)二人が恋人同士として成長して行く過程が微笑ましい。
    犬飼が春佳を好きになった過程に一巻と少し矛盾を感じたが、好きな作家さんということで、星五つ!!

  • うぉおおお初っ端からですか!!
    笑ってしまった…
    犬飼君の話めっちゃよかったよ(≧▽≦)
    これが最後かあ…なんか寂しい。
    でもすごく面白かったです!!
    池さんの次回昨楽しみにしてます\(^0^)/

  • 全2巻読了。
    最後までかわいらしいカップルだった。
    嫌いなタイプの鮭島の、恋する女の子の表情が可愛いというのにすごく共感してしまった!

  • 最終巻。大分距離感近くなって進歩してるって感心したら1年経ってた…。付き合って1年で成果が自然に手を繋げるようになったことくらい…(^ー^)犬飼くんの荒れてた中学時代の話がよかった!でも前任のクマさんはオッサンっていうオチかと思ってたよ…!

  • 10/06/2013 読了。

    終わってしまった…!!
    犬飼くんがツボだったのだけど…、
    恋人らしくなってからの続きが読みたかったです。

    池さんのコメディ部分、すごく好きなので、
    またこういうの読みたいです。

    本誌で連載してるのも読んでるのですが、
    そっちも集中連載後、連載しないかなぁって思ってます。

全11件中 1 - 10件を表示

BEAR BEAR 2 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

池ジュン子の作品

ツイートする