秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 : 清水玲子
  • 白泉社 (2015年9月4日発売)
4.24
  • (42)
  • (41)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
  • 341人登録
  • 25レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592197386

作品紹介

パリから帰国した薪に、最強の敵現る?2、3巻にて「秘密」完全収録!!
2015年9月刊。

秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いつも思うのだけど、「秘密」の終わりかたは、切ないけどなんともいえない余韻があっていい。
    今回はとくに青木の存在感と薪さんの気持ちの表現が好きでした。
    やっぱりこのシリーズは続きを買ってしまうなー

  • 面白かったな〜。それにしても沙羅さんは見た目が若すぎないか。年齢で逆算するとおかしくない?私が勘違いしてるだけなんだろうか。
    タジクの言葉遣いと薪さんの推理、作者の豊富な知識、これは面白い。

  • タジクは憎めないやつだったな‥
    沙羅はタジクのことが好きだったのかな。

    そして岡部さんほんといい人!

  • グロめのお話に、これこれ、これぞしみず先生と思いました

  • 秘密シーズン0 1〜3読了
    1が一番切なかった。
    タジクの思いよりも子を失ったサラの思いがわかる。それでも青木のほうが強いと言い切る薪さんすごいと思う。毎回考えさせられるテーマだ。

  • 脳を見ない秘密もなかなか良かった。

    岡部さんが良い味を醸し出している。幸せになってほしいキャラの1人。

  • あっ、青木いいいいぃぃぃぃぃぃぃぃっ…!となりました

    食事の前後に読むのは控えたいと思っていてもやっぱり気になって読んでしまいました
    読み終わってしばらくしても、まだうしろ髪をひかれる思いです

    青木を含む『第九』メンバーによって薪さんが少しずつ変わっていく姿を見るのもまた面白かったです

    映画は、別物として観ようと思いつつも楽しみです

  • タジク編完結。
    薪さんは凄いのに、その薪さんの上をゆくタジクの計画。
    遺体の処分方法はとても衝撃的…。
    薪さんに叱られながらも信頼関係を築き上げる青木、それを見守る岡部さんの図が好き。
    岡部さんおもしろい。

  • 貰った2巻表紙のクリアファイルが美しすぎて直視できません。

    2巻冒頭からして薪さん全開で感動に打ち震え、相変わらずの息をもつかせぬ展開に呼吸を忘れ、不意に「清水さんの描く布って何でこんなに柔らかそうなんだろう」とかよくわからない意識の飛ばし方して、事件の発端とも言えるキノコ雲は常に清水作品の発端とも言えるのじゃなかろうかと『月の子』とかも思い出しながら感慨にふけり、艶やかな花を見上げる薪さんの美しさに放心しながら3巻を開き、青木がただの大型犬ではない所以たる、ただの「自己犠牲」では言い表せない人間性に「こいつ実はマリア様か菩薩なのか」と本気で考え、それで「本気で怒る」薪さんに変な声が出て、最後の2ページでこの『秘密』シリーズ本編ラストの「ただ一言、言葉にして欲しかった」と叫んだ自分が全て報われてもうもう…泣いた。

    これ以上書くと自分の精神が持たないので、一気に一文で終わらせておきます。本当にありがとうございました。

  • いや〜、タジクもなかなかの策士でしたな…強敵だった。でも薪さん怒らせちゃったからねw 青木のこと好きだよなぁ…。そして見守る岡部さん…。青木は九州から戻ってこないのかしら〜。

全25件中 1 - 10件を表示

秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

清水玲子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

秘密 season 0 3 (花とゆめCOMICSスペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする