ジーヴス狂騒紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)

著者 : 勝田文
制作 : P. G. ウッドハウス  森村たまき 
  • 白泉社 (2014年12月5日発売)
3.64
  • (5)
  • (9)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :102
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592197553

作品紹介・あらすじ

勝田文が描く「ジーヴス英国紳士録」に続く「プリーズ、ジーヴス」シリーズ最新刊!!一話完結・読みきりコミック4編収録。
2014年12月刊。

ジーヴス狂騒紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これで最後…最後まで楽しませてくれましたが終わりだと思うと寂しいです…

  • 岩永正勝さん、小山太一さんによる新訳を借りてきたので、予習のつもりで読みました。

    お気楽なバーティを見ていると、なんだか気張っているのが馬鹿馬鹿しくなるというかなんと言うか……

    完璧な従僕が、わたしもほしいです。

  • シリーズ最終巻。これほど原作と作画の相性が良い作品はあまりないんじゃないかな〜。バーディーの尖り過ぎたセンスの服を見る、ジーヴスの半分死んだ目が好きでした。これで見納めなのが悲しい。再開を期待してます。

  • 原作小説:『ジーヴス』シリーズ(P・G・ウッドハウス)

    1.「ビンゴ夫人の学友」
    2.「ジーヴスとクレメンティーナ嬢」
    3.「ジーヴスと招かれざる客」
    4.「伯母さんとものぐさ詩人」
    小説「ジーヴス オムレツを作る」

  • やっと見つけて購入。
    ちょ、ちょとまって、なんで終わるって!
    今後ジーヴス関連、何を楽しみに生きて行けと!

    ハンカチうさぎちゃんったらもう。
    ジーヴスのニューヨーク紀行がもう。

    まだまだ長編漫画化や文庫化など、色々と楽しみにしています。

  • まさかのマンガ完結?!これから何を楽しみにすればいいのだー!!また復活してくださることを願って翻訳本にいこうかな…

    ジーヴスのほくそ笑みがいつもより多く見られた巻だった気がします。

    ウィッカム嬢はかわいいけどヤバイですな!
    バーティの友への思いやりには泣けますな!
    ジーヴスは相変わらず尽くしてるんだかいないんだか…だがそこがいい!

全6件中 1 - 6件を表示

勝田文の作品

ジーヴス狂騒紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)はこんなマンガです

ジーヴス狂騒紳士録 ~プリーズ、ジーヴス シリーズ~ (花とゆめCOMICS プリーズ、ジーヴスシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする