双界幻幽伝 3 (花とゆめCOMICS)

制作 : 木村千世  くまの柚子 
  • 白泉社
3.80
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592197782

作品紹介・あらすじ

紅梅宮に入り込んだ朧月たち一行に、幽鬼たちが襲いかかる!
さらに黒衣の妃が朧月の身体をのっとって…!?
ひきこもり公主VS強面(?)武官☆ドキドキの中華ラブコメ最終巻! 2014年6月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミカライズの最終巻。
    紅梅宮のお話で終わりですが、やっぱり、メインは最後の溺れた朧月に人工呼吸をする蒼刻でしょうか。文字では読んでるけど、やっぱりイラストがあるといいですね。

    後半の番外編は、すでに恋人同士になった朧月と蒼刻なんで、イチャイチャしてて、顔がにやついちゃいました。

  • 紅梅宮に入り込んだ朧月たち一行に、幽鬼たちが襲いかかる!
    さらに黒衣の妃が朧月の身体をのっとって…!?
    ひきこもり公主VS強面(?)武官☆ドキドキの中華ラブコメ最終巻!

    いよいよ紅梅宮に乗り込んだ一同。この黒衣の后の話は一巻だったこともあってか一番すっきり纏まっていたような気もする。
    ほんのり不気味で、でも切ない話だし。
    小説版でも盛り上がった人工呼吸のシーンとかニヤニヤするね。最後まで朧月も蒼刻もイチャコラしてて微笑ましくて良かった。

  • 【別置/請求記号】 726.1/ア/3 
    【資料ID】 1001012162 

  • コミカライズ完結。
    原作に負けないほど糖度の高いラブコメが楽しかったので完結は残念だけど、1巻分丸々読めたから満足。
    原作1巻で衝撃的だった蒼刻のあの爆弾発言や救助シーンは漫画でも同じように悶えて仕方ない。
    番外編はもう完全にカップル然なので、ひたすらにやにやしながら読んだ。ご褒美のプレゼントを真剣に選ぶ蒼刻や、桃まんを買い占めてしまう来将軍が可愛い。
    描き下ろしではラスト1ページで床ごろごろした。
    巻末の「2人がもう少し昔に出会っていたら」が本当に可愛い。この頃の年齢と身長差もたまらない。

全4件中 1 - 4件を表示

あまさかえでの作品

ツイートする