愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 :
  • 白泉社
4.43
  • (284)
  • (135)
  • (54)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 1342
レビュー : 169
  • Amazon.co.jp ・マンガ (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198406

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 緑川ゆきの作品は「夏目友人帳」しか読んだことがなかったのですが、短編もすごくイイのですね・・!

    読んだのは愛蔵版(アニメ化のため?)でしたが、発行は夏目より前の作品。
    確かに夏目と世界観がダブる作品でした。
    しかし切ない!
    これは映像で見たら号泣だろうなぁ・・・!

  • 短編集 代表作をはじめとして、ちょっと切ないラブストーリーがつまってました。この人の話は 静かに 静かに 深く 誰かを愛する話が多いなぁと思う
    個人的に代表作の彼女のその後を生きる話が読みたい。

  • なんて切ないんだよぅ・・・
    緑川さんの描くものは心に染み入るなぁ・・・

  • もう。もーめっさ泣いた。ひとりでぼろぼろ泣いてました。
    表題作も良かったけど、個人的には2作目のが一番好き。

  • 持ってるけど、単行本未収録2本と、描き下ろしアリとくれば、買うよね愛蔵版(^-^)bギン視点の描き下ろし良かったv

  • 人に触れると消えてしまう 人でも妖でもない存在のギンと人間の少女の物語。ラストがものすごく切ないです(ToT) 他短編の体温のかけらは以前 雑誌で読んでからずっと主人公の独白が記憶に残ってました。そばにいるために特別を選べなかった二人の話がまた切ない…。

  • 近づきたくても近づけないあの距離感も切ない

  • 良くも悪くも緑川節

  • 映画も観たい\(^o^)/

  • 蛍火も好きですが、星も見えないが好きです。才谷の石田に向ける純粋な想いにやられました。
    緑川さんの描く距離感とか優しいお話がとても好きです。

全169件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

緑川 ゆき(みどりかわ ゆき、1976年5月23日[1] - )は、日本の漫画家。熊本県出身・在住。血液型はB型。
1998年、第18回LMGフレッシュデビュー賞を受賞した「珈琲ひらり」(『LaLa DX』(白泉社)11月号掲載)でデビュー。2000年、「あかく咲く声」で第25回白泉社アテナ新人大賞デビュー優秀者賞を受賞。

愛蔵版 蛍火の杜へ (花とゆめCOMICSスペシャル)のその他の作品

緑川ゆきの作品

ツイートする