赤ちゃんと僕 3―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 :
  • 白泉社
4.47
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・マンガ (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198833

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 成一さんが結構好きな登場人物
    彼の両親と奥さんもユニークで好きです
    滅多に泣かない太一くんも可愛らしい

    拓也の叔母さんも登場
    大人のドロドロとしたトラブルに巻き込まれて行っていますね。

  • わたしがオススメするこの巻の見所は、一加が兄弟がいなくなった後のことを考えてひとりで泣くところ。あれは今読むと更に切ない…。一加みたいに気が強くておませな子だからこそ、ジーンと来ますよね。

  • お向かいさんの家出息子登場。拓也の純粋さ(素直さ)が・・・・・・笑っていいのかどうか。
    赤ちゃんが出てきて、癒し系マンガに思えるけど、結構キツイ内容、育児って大変(><)でも幸せも多し。

全6件中 1 - 6件を表示

羅川真里茂の作品

赤ちゃんと僕 3―愛蔵版 (花とゆめCOMICSスペシャル)はこんなマンガです

ツイートする