愛蔵版 赤ちゃんと僕 9 (花とゆめCOMICSスペシャル)

著者 :
  • 白泉社
4.88
  • (14)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592198895

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度読んでも号泣。
    拓也くんだって人間だもの
    どうにもならない我が儘を言われて泣かれたらイラッとするよね。

    実の意識不明の時にお母さんが出てきた時は涙腺崩壊
    春美パパ、腕の良いお医者さんのお友達がいてよかったですな。

    最後は拓也くんの学ラン姿が拝めてよかったです。

  • 非常になつかしいマンガ。
    初めて読んだのは小中学校の頃だったのに、一番好きなキャラは主人公の父(春美さん)だった。人気あったなあ、しかし。
    拓也くんと春美さんが駄菓子食べてる話が急に読みたくなって探し中。あれ?何巻だったかな・・・

  • ラストは感動

    小学生のときに読んで今懐かしくなって読んだけどいい作品だった

  • 全9巻読了(2011.01.02)

  • 第93話~103話(最終回)
    文化祭後半、春美パパ夢の世界、保育園の過保護ママ、ダンボールのお部屋、マラソン大会、幽霊屋敷のテニスマン、花見、実のクマTで最終回。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

羅川 真里茂(らがわ まりも)
9月21日生まれ、青森県出身。1990年「タイムリミット」にてデビュー。
代表作にアニメ化された第40回小学館漫画賞受賞作『赤ちゃんと僕』、11年にわたる連載『しゃにむにGO』、第35回講談社漫画賞受賞作・第16回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞『ましろのおと』など。

羅川真里茂の作品

ツイートする