ヒノコ 6 (花とゆめCOMICS)

著者 : 津田雅美
  • 白泉社 (2016年9月5日発売)
3.71
  • (1)
  • (14)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :99
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592211037

作品紹介・あらすじ

ヒノメ伝説の真実を探るため王都に潜入したマユラは、深夜の役所で成長したシンと再会する。突然の再会に心を押し隠そうとするマユラと、記憶がなくてもマユラに惹かれてゆくシン。二人の運命が交錯する中、シンの様子に気づいたクランドは…。また都では謎の人物も現れ!?
2016年9月刊。

ヒノコ 6 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出会ってしまったまっさんとシン。シンはマユラとわからなくても惹かれている。伝承と記録の違いに過去に何があったのか。ササラ好きだわ。

  • マユラとシンにムズキュン。
    ° ♡:.(っ>ω<c).:♡ °
    はー、続きが気になる。

  • ササラかぁいいなぁ.皇子様いいねぇ.最初っからクランドには見抜かれていたという.

  • 【別置/請求記号】 726.1/ツ/6 
    【資料ID】 1001012747 

  • うーん、子供の頃のが面白かった。物語はどうなっていくのか。

  • 物語が核心に触れて、終わりが少しずつ見えてきているのがワクワクするし寂しい。
    国同士の諍いも、歴史の根本にある神話も、解き明かして解決するのはそれぞれの恋や愛かもしれなくて、少女漫画っぽくて素晴らしいなと思った。
    皇子様がかわいくて聡明で素敵な巻。好きです。

  • 終わりが近づいている。

  • なかなか新刊が出なかったので、話を忘れかけています。まだまだ謎が多く残っており、次の展開が楽しみですね。

  • あらすじは覚えてたけど、細かな設定や人物がうろ覚えで、???だった。
    1巻から読み返すかな。

    男の顔を見せたシンが恐い。

    ヒノメの秘密とオビドアギとの関わりが徐々に明らかになっていく。
    ヒノメは自分とオビドアギの魂を神殿の奥深くに封印したのではないか。
    いつかヒノコが現れて蘇った時、オビドアギにその姿を見せられるように。
    シンとマユラの関係も気になるな。

全9件中 1 - 9件を表示

ヒノコ 6 (花とゆめCOMICS)のその他の作品

津田雅美の作品

ヒノコ 6 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

ヒノコ 6 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする