フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)

著者 : 高屋奈月
  • 白泉社 (2017年9月20日発売)
3.82
  • (7)
  • (19)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :221
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592218524

作品紹介・あらすじ

大ヒットまんが「フルーツバスケット」の世界から数十年後を舞台にして描かれる、懐かしくも新しい物語。
草摩睦生とはじめとの出会いから三苫彩葉の日常は一変! 生徒会に入ったり、友達ができたり、目まぐるしくも充実した毎日に。そんな彩葉の前にあらたな草摩家の人々が現れて!?
草摩睦生の描きおろしまんが付き!
2017年9月刊。

フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 志岐はどういう感じなのかな。彩葉の問題も一朝一夕には解決しないだろうけど、少しずつでも絆を作ってやってきた親世代を思えば未来は暗くない。あーやの子どもたちがなんというか。ヒロキサの子どもはでるのかな。モモはすごく嬉しかった。日向ちゃんも期待。あと飛行機に乗って会いに来た花ちゃんの相手、は涙もの。

  • これからが楽しみな漫画。
    3巻、相関図つけてほしい。もう誰が誰の子か混乱してきた(ごめん)
    ゆきくんの家が幸せそうで良かった(あそこ二人真面目そうだから心配だった)

    あやめくん一家がやっぱ好きです

  • 大好きなフルバの続編。心温まる感じは遺伝してる感じ。どうせならもう少し読みたいな。

  • 他の方も書いてるけど相関図欲しい。もう誰が誰かわけわかんなくなってきた(笑)

  • これは志岐彩葉にいくと思ってよいのかな?^^相変わらず薄暗い雰囲気も漂わせつつ方々で可愛い子たちが可愛く暴れてる感じw

  • 次巻が最終巻なんですね。もっと続くと思ったから残念です。

  • 睦生の回想で由希と真知が登場しました。
    雪道を睦生を挟んで歩く姿に幼い頃に辛い想いをした真知の姿を思い出し、
    睦生の枕と共に置かれているモゲ太のぬいぐるみが大事にされていて
    由希と真知にとって本当に大切な一品になり息子に引き継がていると考えると感涙します……。

  • モモがでてきて不覚にも泣いた。

  • 次巻で最終巻なの⁈
    『フルバ』までとはいかなくとも、まだまだ続くものだと思っていたからちょっと拍子抜け…。

    紅葉はバイオリンの道は辞めたのかな?透との約束は果たせたんだろうか。
    この感じだと、『フルバ』の主要キャラは最後までちゃんと出ないで終わるのかな。
    恵くんとか桃ちゃんとか、竹井先輩とかの脇役は出てるけど。慊人も後ろ姿だけ登場。

    彩葉の母親が思った以上に毒親だった。
    彩葉ははじめといい感じになるのかなーと思っていたから、慊人の息子っていうのは意外だった。
    彩葉にも秘密があるようだし、あと1巻で収拾つくのかな?

全9件中 1 - 9件を表示

高屋奈月の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)はこんなマンガです

フルーツバスケットanother 2 (花とゆめCOMICS)を本棚に登録しているひと

ツイートする