鉄道少女漫画

  • 白泉社
4.27
  • (448)
  • (349)
  • (142)
  • (15)
  • (5)
本棚登録 : 3056
レビュー : 266
  • Amazon.co.jp ・マンガ (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710288

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小田急線は馴染み深い。けれど「小田急」や「電車」を主張しすぎるわけではなく、馴染みのある駅の名前がでてくるけど、割とどこにでもある駅のような描き方をしてるので、鉄道色が強すぎず、いいあんばいに楽しめました。
    制服のおんなのこの描き方がちんまりしてて可愛いなぁ。夜の江ノ島の駅の神秘的な感じは、実際にみてみたいと思った。

  • くそう……うっかり入生田の駅員さんに恋してしまったではないか……!
    そしてロマンスカーに乗りたくなり、片瀬江ノ島に行きたくなり、サバランが食べたくなって困っている。
    明日美子さんありがとうっ!

  • くせのある画風がくせになる。小田急が舞台。鉄道好きでなくても充分楽しめる内容です。日常にある人生の無意識のうちのクロスロード・駅という場所での素敵な出会いと切なさ、もしかしたらわたしもあなたも、どこかの駅でお会いしているかもしれませんよ。

  • 「夜を重ねる」に号泣。
    「木曜日のサバラン」「浪漫避行にのっとって」がお気に入り。
    明日美子せんせーは、わたしにとってはもうなんでもアリな人です。
    柔らかな線や、髪を見る度に、ほっとしてしまうほど。
    わたしは、柔らかそうな、細そうな髪を描く絵師さまが好きなのかも。

  • 蟆冗伐諤・邱壹r闊槫床縺ォ縺励◆邏?謨オ騾」菴憺寔縲ゅ>縺?そ繝ウ繧ケ?樞飭

  • コミック

  • 蜀崎ェュ縲ゅ?梧惠譖懈律縺ョ繧オ繝舌Λ繝ウ縲阪′繧?▲縺ア繧雁・ス縺阪□縺ェ縺ゅ?

  • 2011-1-29

  • イリューダは外国っぽい。厚木と本厚木は紛らわしい。小田急に思い入れがある人もない人も楽しめて、ちょっと胸がきゅっとする短編集。すこし泣けた。

  • 【あらすじ】
    車内、駅前、駅構内、情景模型───…鉄道周辺のあれこれを舞台に展開する5本の作品を中心にwebにて発表した短編1本&描きおろし10Pを含めた作品集。カラーイラストもカバー他描きおろし多数。

    【感想】

全266件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

鉄道少女漫画のその他の作品

鉄道少女漫画 (楽園コミックス) Kindle版 鉄道少女漫画 (楽園コミックス) 中村明日美子

中村明日美子の作品

鉄道少女漫画に関連する談話室の質問

鉄道少女漫画を本棚に登録しているひと

ツイートする