君曜日―鉄道少女漫画 2

  • 白泉社 (2013年1月31日発売)
4.16
  • (131)
  • (152)
  • (63)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 1366
レビュー : 123
  • Amazon.co.jp ・マンガ (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592710493

作品紹介・あらすじ

中村明日美子さんの鉄道少女漫画第2弾

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっとすまして大人びているアコが、小平君のペースに押されたり、会社員の君のことでうんうん悩んだりへこんだりしている姿が可愛らしい。
    ちょっとしたセリフのない間のとらえ方や、テンポがよかった。

    サヴァランってあまり食べないんだけれど、この漫画を読んでちょっと食べてみたくなりました。
    手でつまんでかぶりつくのをやってみたいな。

  • 素直になれない乙女心なアコ。
    つれなくても冷たくされても酷いこと言われても、仔犬のようにまとわりついてくる小平。
    なんだか面映ゆい素敵な恋物語です。
    しかしこんなに爽やかに積極的な男の子がどこかに存在するのだろうか…。
    ナイーブ過ぎて恋に臆病…どころか無関心とか、粘着気味なストーカー気質とか、そんなのでは無く。
    でもだから、甘い夢も見たいから漫画を読むのです。

  • 小平がひたすら可愛い。

  • 前作、鉄道少女漫画の『木曜日のサラバン』のアコちゃんのお話。

    塾で一緒になった小平君が何かとアコちゃんにモーション掛けますが
    イマイチ反応の鈍いアコちゃん
    それでも空気読めない小平君頑張ります
    少しずつ二人の距離が…(〃艸〃)ムフッ

    それとアコちゃんが密かに思っている常連さん(妻子持ち)
    ここの夫婦もいい味出してます(≧∇≦)b OK


    色気のある旦那さんの事は覚えてたけど
    アコちゃんの事ははっきり覚えてなかったので
    あわてて前の本を読み返すσ(^∇^;)ははー



    高校生のじれったい恋バナっていいね…
    私が遥か昔に失くしたものが…!!(笑)
    グルグル考え込むアコちゃんには空気読めない小平君がピッタリ。
    で、結構、小平君男前な性格。


    今回はあんまり鉄道関係ないです(;^◇^;)ゝ

  • 蟆大ケエ??ー大・ウ縺ョ譌・蟶ク逧?↑豌玲戟縺。縺ョ繧?j蜿悶j縺ィ遨阪∩驥阪?縲ゅヴ繝・繧「縺ェ諢溘§縺檎惓縺励°縺」縺溘?

  • 【あらすじ】
    鉄道周辺のあれこれを舞台に展開するコミックス『鉄道少女漫画』。同書に収録された「木曜日のサバラン」からスピンアウトしたアコちゃんと小平君のお話がコミックスに!! 描きおろし多数。

    【感想】

  • コミック

  • 蜀崎ェュ縲ゅい繧ウ縺。繧?s繧ょー丞ケウ縺上s繧ょー代@縺壹▽謌宣聞縺励※縺?▲縺溘?縲

  • 2013-2-17

  • この漫画はどこを愛でるべきなのか、悩む。好きなテイストは満載なのだけど、立ち位置が分からなくて照れる。オジさんの気分。

全123件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

君曜日―鉄道少女漫画 2のその他の作品

中村明日美子の作品

君曜日―鉄道少女漫画 2を本棚に登録しているひと

ツイートする