へなちょこ手づくり生活 (MOE BOOKS)

  • 白泉社
3.61
  • (26)
  • (65)
  • (70)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 462
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592732761

作品紹介・あらすじ

人気コミックエッセイ作家が、ハンドメイドに挑戦。のびのびマイペースで作った様々な作品の、楽しいエピソードが満載です。単行本向け描き下ろしも多数で、あなたの「手づくりゴゴロ」を誘う一冊! 2013年9月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんて可愛くて楽しい本!
    黒板を作ったり、コースターを作ったり、ばくだんおにぎりを作ったり…
    こういうのちょっと欲しいなと思った時に、楽しんで作ってみること。
    理想の姿より見劣りしても可愛い我が子。
    愛着という点では高級品をも凌駕します。

    ばくだんおにぎり食べたいなぁ。(なんか違うか…)
    コースター(飾り台)も可愛いなぁ。
    サンタブーツも最初はちょっと意外だったけど、お菓子入れとして重宝なんて素晴らしい。
    子供におねだりされた時に一緒に作ってみるとか楽しそう。子供のいる人にオススメしたい。

  • 黒板ボード、封筒、シューズ袋、アルバム、梅干…

    めちゃめちゃ楽しそうに手作りする
    高木さんを見ていたら、
    手、の不満の声を聞いた様な気がした。

    (僕達(?)何でもできるのに、何にもやらせてもらえない…。)

    買えば済む。
    つい、そんな図式にのっかってばかりで、
    ずーーっと君達をほったらかしにしていたね。

    ちょっと、
    彼らを働かせてみたくなった♪

    工作好きにはたまらない本かも。

  • いつも楽しく読めるたかぎおなおこさんのコミックエッセイ。マラソン、ローカル旅に続いて、今回は手作りがテーマで、結構本格的なDIY生活について描かれている。

    さすがはイラストレーターで、作品はどれもかわいい。伊藤理佐さん「おいピータン!!」表紙でおなじみの森井ユカさん指導による粘土細工なんかほんとにいい感じ。ちょっとやってみたくなる人も多いんじゃないだろうか。

    だがしかし。私はやらないんだもんね。子どもの頃から筋金入りの不器用で、小学校の工作の時間なんか実に苦痛だった。呪われろ!夏休みの宿題(涙)。お年頃になってからは一応、当時の女子はみんなやってた編み物とかシュークリーム作りとかしたけど、完成予想とできあがりのあまりの違いにボーゼンとしたものだったよ、トホホ。

    夫は物置とかまで自分で建てちゃうセルフビルドの人で、器用にいろんなものを作る。その背中に向かって「でもさあ、それって結構材料費とかかかってるでしょ?かかった時間とか考えたら、既製品の方がきれいで安いじゃん」なぞと、負け惜しみを言う。心の中で、ですが。

    いえ、わかっているんですよ。作ることそのものが楽しいんだってことは。私もこの本のように手作りのあれこれを書いた本は好きだもの。よくアウトドア派とかインドア派とか言うけれど、私はどこまでも「それを本で読む派」なのです。

  • *黒板にコースター、苔玉からばくだんおにぎりまでジャンルを超えて気楽にハンドメイド。あなたの手づくりゴゴロを刺激する楽しくて役に立つ新・コミックエッセイ! *

    とにかく可愛らしくて楽しくて、ワクワクがぎっしり詰まった一冊です。特にメロンクリームソーダ。お家で作れるんだ!と目からウロコ。しかもソーダ水まで手作りなんて…!ばくだんおにぎりも美味しそう。なかなか思いつかないけど、見たらマネしてみたい事例がいっぱいです。

  • たまに何か作りたくなる気持ち、分かる~

    私もいろんな店を回っても自分好みのものが無いとき
    「自分で作った方が早いな・・・」と思うし、
    1度思ったら無性に作りたくなる。

    縫い目曲がるし、ものすごい時間かかるし
    得意、ではないけど。。。
    作ってるときは楽しい♪

    たかぎさん、色んなもの手作りしてるな~
    これ読んだらまた何か作りたくなってきた(^^)

  • 期待を裏切らず面白い

  • たかぎなおこさんは好き。
    たまに何か作りたくなって、しゃかりきに材料を買いに行ったところで力尽きる私とは違って、お料理やお裁縫、大工仕事や園芸、木工までやり遂げる姿は尊敬。
    がしかし、不器用と言いながらも、漫画家さん。イラストはうまいし、センスもいい。「そんなこと言ったって完成度高いじゃん(僻み)。みたいな気持ちになるけれど、彼女のワクワク感が伝わってきてほっこりした。
    不思議なことに「これ、やってみたい!」と思ったものは皆無。
    そしてこの本、2013年刊。この後、たかぎさんは結婚して赤ちゃん産むんだよなーと不思議な感慨も湧きました。

  • 978-4-592-73276-1
    C0979¥1000E
    白泉社
    2013年9月25日 初版発行
    著者 たかぎなおこ
    へなちょこ手づくり生活
    -----
    黒板
    封筒(消しゴムハンコ・リサイクルマーク)
    シューズ袋作り
    アルバム
    コースター(寄木風)
    苔玉
    棚づくり
    メロンクリームソーダ(アイスクリーム・ソーダ水)
    風呂敷づくり
    マグネットづくり
    爆弾おにぎり
    サンタブーツ
    額づくり
    梅干し
    -----
    100均やホームセンター・通販などで様々な道具や部品が手に入るようになって、ちょっと作ってみたいな~って事あるけど、一方ほんまに作れんのかいな・・wってのがある。すぐに使えるものもそこそこの値段で手に入る。
    手づくりの物は処分に困るって事がホントに感じて入るけど手づくりを楽しんでいた時期があった。
    この本はこうやって作ればいいんだと言う参考にはならないけど、色々やってみても良いんだなーって思わせてくれる一冊。
    サンタブーツを作りたいとは思わないけど、面は作ってみたいし、苔玉も好きで買ってくるけど作ることはやってみた事が無い。梅干しはここ数年挑戦中。
    コースターは表面を下側にして接着すれば、器を置く面はツライチになるだろうし、裏面は平らに削るか、足を調整して使えば実用に出来るかな。

    自分は何ひとつそれなりにできはしないけど、似たような人もいると知る一冊。

    苔玉の画像はそれを入れている器やディスプレイでステキに見えるもんだな。と感じ、こうやって飾るにはまず、整理整頓しなきゃなー・・・。
    3キロも買った赤土やピートモスを保管場所どうしてるんだろうな?

  • たかぎなおこさんが料理やDIY、手芸など、何でも手作りでやってみることに挑戦した奮闘記。

    イラストや文章の分かりやすさ、写真の挿入、手作りするもののセレクト、どれをとっても満点☆5です!
    可愛くてすぐにでも真似したくなるけど、なかなか時間を確保できなくて真似するのは難しそう。だけど、作者の創作を疑似体験できたので創作意欲が満たされました!

  • 漫画家さんだけあって基本、ものすごく器用な人なんだね。あとマメ!
    梅干も好きすぎて自分で漬けてしまうんだもの。
    天日干しで一日3回ひっくり返す!
    普通の仕事人じゃできないね。
    自分で漬けた梅干は格別においしいだろな。
    ハギレでパッチワークみたいに縫ってふろしき作りとか、私も作ってみようかな。旅行にはふろしきもおんなじで共感!

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ、三重県四日市市出身。
2003年『150cmライフ。』でイラストエッセイデビュー。身近な題材を中心に、多くのイラスト・コミックエッセイを手がけている。ひとりたび、ひとりぐらし、マラソンのシリーズが代表作。『お互い40代婚』といった、自身の日常的な体験を気付き・成長とともに描いた作品も人気。

たかぎなおこの作品

へなちょこ手づくり生活 (MOE BOOKS)を本棚に登録しているひと

ツイートする