森のなかの1羽と3匹 (MOE BOOKS)

著者 :
  • 白泉社
3.88
  • (4)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592760801

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【カッコウ】
    自分のヒナが、そのヒナが産んだヒナが、
    卵を誰かの巣に入れる1秒前、2秒前に、
    「なぜ私は自分で巣をつくらないの なぜ自分で卵をかかえないの」と考えれば、
    カッコウの歴史は変わるかもしれない。

    【セミ】
    飛びながら ふと考えたことがある
    またあの地中の生活に戻りたいと

    木の根のジュースとクッションと昼寝
    イメジネーションと頭上の贈りもの
    根が水を汲む動力の音
    長く美しい休暇の時に

  • カッコウ、そうか、そんな気持ちだったのね☆笑

  • 森のなかの小さな生き物を、少女のかたちに託して描いている。

    表紙に描いてある、トンボの娘の憂いを帯びた表情がいい。

  • カッコウの托卵をこのように描いた人は他に知りません。このセンスを理解してくれる人に贈りたい本。

全4件中 1 - 4件を表示

大島弓子の作品

森のなかの1羽と3匹 (MOE BOOKS)はこんな本です

ツイートする