よるくまクリスマスのまえのよる

著者 :
  • 白泉社
3.94
  • (177)
  • (130)
  • (176)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 1638
感想 : 162
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592760894

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よるくまが男の子を慰める「ぎゅっ」が可愛くて可愛くて癒される。小さな子にも優しいし素直だし、いっぱい叱られる要素がなさそうに見える男の子だけど…お母さんからしたらいろいろあるんだろうな…。
    前作よりさらに場面展開が唐突で大人の自分は戸惑ってしまったけど、2歳4ヶ月の息子は何度もリクエストするほど気に入った様子。初回こそきょとんとしていたが、手を振るよるくまのおかあさんに「お~い」と呼び掛けたり、ページの中で発見したことを次々教えてくれたり、読み返す度に様々な反応が増えて楽しかった。

  • クリスマスイブ。
    ママにいっぱい叱られたからサンタさんが来てくれないんじゃないかと心配で眠れない男の子。
    そこへよるくまがやってきます。

    おもちゃの飛行機に乗っている場面が好きです。
    よるくまも男の子もお母さんが大好き、そしてもちろんお母さん達も・・・
    優しい気持ちになれる絵本です。

  • 酒井さんの絵が素晴らしい
    ぼくの悲しそうな顔
    嬉しそうな顔
    眠っている顔

    なんとも優しいタッチで描かれている。

    寒い夜に心が温まる絵本

  • 一歳1ヶ月。購入した本。
    よるくまの絵本が好きだったのでクリスマス絵本を購入。やっぱり読んでグッとくる。でも、息子向きでは無い絵本かな。

  • クリスマス絵本
    興奮してサンタさんを待つ様子がなんとも微笑ましい

  • 図書館で借り。
    「よるくま」がよかったので。季節外れだけど。

    おかあさんにしかられてばっかり、という「ぼく」と「おかあさん」に、「自分の子ども」と「母であるところのわたし」を重ね合わせてキュウっとなったり。
    最後に「ぼく」が安心して穏やかに寝ているのがとてもいいのだ。優しい気持ちになれる。

  • よるくま、あそびにきたの?
    このフレーズ、子供たちが大好きでした。

    よるくま
    クリスマスの夜に大切なこと思い出させてくれたね。
    みんな大切にされておおきくなっていくんだね。

  • 親が読みながら泣けてくる本。娘も「よるくまーよるくまー」とお気に入りです。

  • よるくまクリスマスのまえのよる
    著作者:酒井駒子
    発行者:白泉社
    タイムライン
    https://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    サンタ「いいこ」のところにしか来ない?

  • ひこうきにのって夢の世界へ大冒険❗️

全162件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年兵庫県生まれ。絵本作家。著書に『よるくま』『ぼく おかあさんのこと…』『ロンパーちゃんとふうせん』『金曜日の砂糖ちゃん』『くまとやまねこ』(文:湯本香樹実)、画文集『森のノート』 など。

「2022年 『橋の上で』 で使われていた紹介文から引用しています。」

酒井駒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック カール
酒井 駒子
にしまき かやこ
小川 未明
モーリス・センダ...
エリック=カール
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×