ふでばこのなかのキルル

著者 :
  • 白泉社
4.35
  • (9)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :58
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761433

作品紹介・あらすじ

ずっと一緒にいたいよ、キルル。小さな"りゅう"キルルとぼくの、あたたかくてやさしい物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2年生、3年生に読み聞かせ

  • 子供の時の大切な思い出をいつまでも思い出せる大人でいられますように。

  • 散歩のシーンは泣けてきます。

    「読み聞かせ」で読み続けていきたい一冊です。

  • ・子どもにも入りやすい。ストレートな題材でよい。学校の読み聞かせでも好評。
    ・絵も遠目がきき、白が効果的に使われている。ページの構成もよい。
    ・最後の散歩のシーンがあることで、別れのシーンが悲しいだけにならずによかった。

  • 雑誌MOEの付録で掲載されていた作品が絵本化したもの。
    仲良くなった少年と龍の別れがじんわりと切なく描かれていますが、それは少年のおじいちゃんと龍の約束のエピソードがいきているからだと思う。
    龍に限らなくても、誰しも心のなかに忘れることのできない、不思議な生きものを知っているのではないだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

松成真理子の作品

ツイートする