アリのおでかけ (こどもMOEのえほん)(コドモエ[kodomoe]のえほん)

著者 :
  • 白泉社
3.68
  • (19)
  • (24)
  • (39)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 475
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761525

作品紹介・あらすじ

アリさんたち、バスでぶーぶーどこいくの?ページをめくるたびに楽しい発見が!わくわくがいっぱいつまった読み聞かせにぴったりな絵本です。1歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ずびずびずび〜に大爆笑

  • 2歳4か月
    動物園のところでは、「(自分も)動物園行った」と教えてくれる。
    最後のアリクイのところは「逃げてー」と大盛り上がり。
    だいぶ前に動物図鑑でアリクイについて教えたこととリンクしたようです。

  • ぞう! とぞうが出てきて喜んでました。

  • 1歳8ヶ月
    単純なストーリー。何故か最後のきゃーアリクイだーの部分が好きな様子。

  • 娘 4y8m
    息子 2y10m
    図書室にて借りる

    息子向けに
    一番盛り上がるのは最後のアリクイのところ
    この絵本でアリクイという生き物を初めて知った子供達

  • 絵がかわいい

  • 一度読んだら3歳の長男はすぐ覚えて、
    自分で読めるように。
    1歳の次男は「ぶーぶー」を言う係です。


    ワニもライオンも平気なのに、
    アリクイの上はさすがにドライブできないね。。

  • アリたちがバスに乗って動物園へお出かけ。
    ラスト、食べられちゃう⁈

  • 2020.01.30

  • 2歳8ヶ月の娘へ
    図書館からレンタル。
    これからたくさん読み聞かせます。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西村敏雄 1964年、愛知県に生まれる。東京造形大学デザイン科卒業。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。主な絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカス はじまるよ』『さかさことばで うんどうかい<新版>』『まてまて タクシー』(以上、福音館書店)、『うんこ!』(文溪堂)『アントンせんせい』(講談社)『くまくまパン』(あかね書房)『アリのおでかけ』(白泉社)などがある。第3回MOE絵本屋さん大賞、第1回リブロ絵本大賞。東京都在住。

「2021年 『バルバルさん きょうは こどもデー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村敏雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
工藤ノリコ・作/...
tupera t...
加藤 休ミ
かがくい ひろし
トミー=アンゲラ...
馬場 のぼる
エリック=カール
サトシン
A.トルストイ
やぎ たみこ
有効な右矢印 無効な右矢印

アリのおでかけ (こどもMOEのえほん)(コドモエ[kodomoe]のえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×