ノラネコぐんだん おすしやさん (コドモエのえほん)

著者 :
  • 白泉社
4.20
  • (51)
  • (37)
  • (23)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 508
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592761884

作品紹介・あらすじ

大人気絵本シリーズ、第3弾!まわるおすしが気になったノラネコぐんだんが、またまたなにやらたくらんでいるようす。夜中にこっそりおみせにしのびこみ、ニャーニャー、ドッカーンと大あばれ! 2015年11月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 内容・ノラネコぐんだんがおすしをたべたい
    あらすじ・ニャーおすし おいしそう ニャーおすし たべたいね 

  • いやもう、ノラネコのやってる事が理不尽すぎて笑いしかない。最後ちゃんと後始末させられてるから良いんだけど、欲しい=忍び込む、その発想が読み聞かせる方としては困ります、が、可愛いから娘はお気に入り。おすし食べたい!って言い出したので、先日2人で100均じゃない回転寿司行きました♪ありがとう、ノラネコぐんだん。次はちゃんと正々堂々とお店で食べてね。(2歳1ヶ月)

  • ぼんちゃんより私の方がお気に入り。ノラネコぐんだんはいい子たちなんだね。

  • 2歳10ヶ月の娘

    ノラネコぐんだんにすっかり夢中です。
    もちろん母も。

    お決まりの反省会の流れが大好き。

    憎めない奴ら

  • 世界にはいろんな生き物がいて、いろんなことが起こる。嬉しいことも起こるし、悲しいことも起こる。とても悲しいことも。だから、"折り合いをつける"ことが大事で、それは単に淘汰するか、されるかだけの世界を、僅かだが楽しく、幸せにする、かもしれない。知らんけど。

  • 5歳4ヵ月

    〈親〉
    絵が好き ◯
    内容が好き ◯
    今回は早すぎた。いつかまたよんであげたい

    〈子〉
    初回からくいつく ◯
    何度も読む ◯

    その他 ◯


    もう、好きだなあ、ノラネコぐんだん。
    悪いことを企んでは、ドカンと大失敗。
    ワンパターンが続きすぎると飽きがくるのに、このシリーズについてはまったく飽きない。

    読み込みすぎて、息子は時々ノラネコのまねしてます。

  • ノラネコぐんだんの真似ずっとしてる

    「こんなことをして いいと思ってるんですか?」
    「いいと思ってません にゃー」
    「じゃあ悪いと思っていますか?」
    「思っています にゃー」
    「よろしい では○○してください」

    この流れ大好き 一生できる

  • 3:9

  • 2019  1-1 1-3
    5分

  • わーわー言うところが面白かった

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

工藤ノリコ(くどう のりこ)
1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅をするのがだいすき。絵本に「ぺんぎんきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)、「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「センシュちゃんとウオットちゃん」シリーズ(小学館)、『ジャングルの王さま』(偕成社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。

工藤ノリコの作品

ノラネコぐんだん おすしやさん (コドモエのえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする