ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)

著者 :
  • 白泉社
3.88
  • (17)
  • (12)
  • (20)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 206
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762201

作品紹介・あらすじ

アイスクリームパーラーをのぞくノラネコぐんだん。空っぽの缶を発見して…。シリーズ最高傑作との呼び声も高い第6弾。
2017年11月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 相変わらずのノラネコぐんだんの暴れっぷりに笑わせてもらった!ちゃんとお仕置きもあってずっと続いて欲しいシリーズ!

  • かわいいけど、話が長い。後半いらないと思う。

  • アイスの色合いがきれいー!

  • (2017年11月)
    7歳児Fの誕生日にリクエストして、ばあば(私の実母の方)にプレゼントしてもらったもの。

    ノラネコぐんだん、よく海のなかで息続いたな、と思ったり。

    (2017年12月)
    出して来て読み。
    アイスおいしそう。

    (2018年3月)
    2歳児Aが出して来て読み。こないだ外で父・姉とアイスを食べたらしく、気になったらしい。
    このシリーズの中で、唯一食べ物にありつけているのではないか(おすしやさんもパンやさんも食べられていない)ということにふと気づく。

    (2018年6月)
    2歳児Aが出してきたので読み。
    「いちご、すき!」「ぶどうたべたい!」と言っていた。

    (2018年7月)
    2歳児A出してきたので読み。
    チョコレートを、湯煎ではなくて鍋で煮溶かしているのが気になった私であるよ。

    (2018年8月)
    他のきょうだいがまだ寝てる間に、早起きしてきた2歳児Aがリクエストしてきたので、膝の上にのせて読んだ。
    イヤイヤと赤ちゃん返りがひどくて正直手を焼いているのだが、もしかしてこういう時間が必要だったのかも。

  • ペンギンのぺんぺんが優しい.アイスをあんなに寒そうなところで食べるのって美味しいのかしら.

  • 図書館で借りた

  • 2018.02 2-1

  • あいかわらずアイスはおいしそう♪

    だけど今回の展開は正直、ハラハラしましたよ~。
    まだ子供たちに読んであげてないけど、反応が予測できそう。

    シャチが出てくるし、アイスのタンクにノラネコたちが入って凍るし、こういう場合普通死ぬだろ、みたいな話。

    ま、でもそこは絵本のお話。いつもの展開でいつものラストでほっとさせられました。

  • ドッカ~ン!あいかわらず面白いけど、ちょっとお話がひねりすぎ?

  • 図書館より。

    猫、凍っちゃった!憎めない(笑)

全25件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

工藤ノリコ(くどう のりこ)
1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅をするのがだいすき。絵本に「ぺんぎんきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)、「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「センシュちゃんとウオットちゃん」シリーズ(小学館)、『ジャングルの王さま』(偕成社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。

工藤ノリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
岡田 よしたか
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
馬場 のぼる
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印

ノラネコぐんだん アイスのくに (コドモエのえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする