ほんやのねこ (MOEのえほん)

  • 白泉社
4.21
  • (29)
  • (20)
  • (12)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 337
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762386

作品紹介・あらすじ

なぞめいた女主人の営む不思議な本屋には、次々とユニークなお客がやってきて大にぎわい。おなじみのニャンコやギュスターヴくんのほか、ツチグリ、ひとつめちゃんなど、人気の生きものたちが登場!店主がお客にあわせて選ぶ本も素敵で、本好きにもたまらない1冊。『せかいいちのねこ』『いらないねこ』に続く大人気シリーズ第3弾。
2018年11月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 雑誌MOEに連載していたものの単行本。猫シリーズの3作目だが今回の主人公は本屋の猫。1話完結でいろんなお客が来るのが楽しい。あと猫がとってもファッショナブル!この作品以外でもヒグチユウコさんの描くキャラは皆おしゃれ!そこらに売ってるファッション誌よりず~っと勉強になります。前作ででていたこねこも本屋に来店。にゃんこと一緒にお茶をごちそうに。読んだあとはほっこり。

  • 素敵なほんやさん

  • 図書館の児童書コーナーで。 ヒグチユウコさんの本、初めて読んだけど、絵がカラフルでお話もほっこり。 猫の顔がかなりリアルだけど、それが本の内容を高めているように思う。

  • ヒグチユウコさんのねこの絵がすきです。毎日変わる服装が楽しみ。

  • ほんやのねこの毎日は優雅でおしゃれでファッショナブル。訪ねて来るお客さんに本を紹介するのは楽しそう。凛として強いほんやのねこ。
    見た事もない生き物や見えないところで頑張っている家具の様子など、不思議なものばかり。
    こねこのお誕生日にほんやのねこの家で、すっかり大きくなったこねことニャンコが再会。本当に大きくなったね。

  • 「いらないねこ」「せかいいちのねこ」
    につづく三巻め

    もくじ
    このおはなしは…
    とおくからのおきゃくさま
    なぞのほうもんしゃ
    ちいさなおきゃくさま
    まほうのとけた犬
    おきんちゃん
    オシャレたいけつ
    ニャンコのおとまり
    マドンナとすてきな紳士たち
    すてきなおとうさん
    ひとつめさまご一行
    ほんやのねこ

  • ため息がでるくらい繊細な絵とシュールなストーリーがなんともいえない。
    全体的に、猫。

  • 頁の端から端までまであまりにも細部まで描き込まれたタッチ、美し過ぎて今回も思わず溜息が漏れました。私自身も絵の道を志していた1人ではありますが、一体この作品一冊作製するのにどれほどの時間を費やすものなのか、想像もつきません。
    どんなお客様にも相応しい本を紹介してくれる、ほんやのねこさん店主。自分に今本当に必要な本をサッと出して貰えたら、どんなに素敵でしょう。
    個人的には、オシャレたいけつが大好きでした。絵のあまりの繊細さに魅了され、そして私自身ファッションが大好きなので。ファッション繋がりでいえば、おきんちゃんに渡した宝石の本も、指輪コレクターな私は実際見てみたいです。きっとキラキラ輝く美しさに、宝物の1冊になることでしょう。

  • 「いらないねこ」で、ヒグチユウコさんにハマりました。可愛いです。服もオシャレで素敵。
    にゃんこのおとまりが最高でした。イスたちの寝てる姿がシュールで笑いを誘います。
    いじわるねこがあまり出てこなくて残念ですが。

  • 他の作品に出てきたときから、ほんやのねこが一番可愛くておしゃれで素敵と思ってたので今回主役で大満足。ギュスダーヴくんのあしらい方も良い。ニャンコのおとまりも楽しかった!

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

画家・絵本作家。美しく陰影を帯びた緻密な世界観を描き続ける。著書に『せかいいちのねこ』『ギュスターヴくん』『BABEL』など多数。自身初となる大規模な個展「ヒグチユウコ展 CIRCUS」が全国巡回中。

「2019年 『[総特集]ヒグチユウコ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ヒグチ・ユウコの作品

ほんやのねこ (MOEのえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする