ドン・ウッサ ダイエットだいさくせん! (MOEのえほん)

  • 白泉社
3.86
  • (9)
  • (8)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762683

作品紹介・あらすじ

「ネコノヒー」「スキウサギ」などヒット連発の人気漫画家・キューライスの人気絵本シリーズ第2弾がついに登場。
プクプクおなかの大親分ドン・ウッサが3羽の子分をしたがえ、すらっとしたイケメンウサギをめざし前代未聞の大作戦をくり広げます。
たっぷり笑えて、でもなんだかキュンとする、おとなからこどもまで、みんなで楽しめる一冊です!
2020年7月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 星が五個では足りない。
    待望のドン・ウッサの続編、期待を裏切らない面白さ。
    がんばるドン・ウッサと健気に支える子分たち。
    どちらも一生懸命なのに、ちくはぐで息があってるんだかあってないんだか分からない。
    大笑いして、最後はほっこり。ドン・ウッサの今後にさらに期待します。

  • 前作の「ドン・ウッサそらをとぶ」に続くシリーズ、ドン・ウッサと子分たちの奮闘記

    またもドンの願いを叶えるため子分たちの容赦ない作戦が決行されていて面白くって仕方ない。でも今回はドンの優しさがたっぷり読める感動作にもなっている。
    きゅんとすること請け合い。

    大好きな絵本

  • 娘が好きなので借りて読みました。
    これは子供向けにすごく意識して書かれた感があります。
    私が今までに読んだものとはちょと違う

  • 図書館にて。
    「そらをとぶ」と一緒に借りてみた。
    子分とドンの絆がほほえましい。
    じんわりにっこりしてしまう。
    いい本だなーとしみじみ思える本。
    無理なダイエットはやめよう。

  • 「やっぱりおやぶんはいつものブクブクしたおやぶんがいいなあ」

    ドンウッサシリーズは、中学年くらいの子どもにぴったり。展開が面白いし、長めの文に親しむのには最適です。今回のダイエット大作戦も大好きでした。ありがとう、ドンウッサ。(7分)#絵本 #絵本が好きな人と繋がりたい #ドンウッサダイエットだいさくせん #キューライス #白泉社

  • 1年生に読み聞かせ。

    展開が面白い。

  • 今っぽいふんいきなのに、ドン・ウッサが、自分のことを「わし」っていうのがおもしろい。ドンが、はじめて台所に入って、一人で子分たちにおかゆを作ってあげていたところは、すごいがんばったなと思う。子分たちがガリガリにやせちゃって、でもドンはころころまんまるの方が好きだからだな。
    ドン・ウッサの子分たちは、かわいくておもしろい。大きなルームランナーを作るときに、口にくぎをくわえているのとかが好き。一番後ろのページで、子分たちが「おしまい」ってお知らせを出しているのもかわいい。おなかが空いてグゥーって鳴ったときに、耳がたれてるのが好き。
    ライオンは大きい。追いかけっこをするときに、ドンが食べられちゃうのを心配して、「だいじょうぶ?」って聞いたのがおもしろかった。
    さいごにみんなで食べてるサンドウィッチがおいしそう。ライオンが後ろで食べてるほねつき肉は、ドンたちにもらったのかな。(小3)

  • なにこのドタバタ、しあわせ感!

  • 3 5 絵柄、独特なシュールな感じ
    のらねこぐんだんに通ずる?
    面白いのが好きな我が家ではヒット

  • 笑わずにはいられない!
    荒療法のダイエット(笑)
    ライオンのが好き♪

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名・坂元友介。1985年栃木県出身。 
漫画家、イラストレーター、短編アニメーション作家、絵本作家。 
漫画作品に『チャー子』『ネコノヒー』『チベットスナギツネの砂岡さん』『スキウサギ』。 
絵本作品に『ゴリラさん だめです』『ドン・ウッサ そらをとぶ』『ちきゅうちゃん』(原作・糸井重里)など。 
Blog:キューライス記 http://www.q-rais.com/ 
Twitter:@Qrais_Usagi 

「2020年 『チャチャ・チャー子 II』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キューライスの作品

ツイートする
×