おおぐいタローいっちょくせん (MOEのえほん)

  • 白泉社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762690

作品紹介・あらすじ

どこからともなくやってきた、おおぐいタローが巻き起こす抱腹絶倒&爆笑必至のナンセンスストーリー!
巨大食パンに突っ込み、数珠つなぎのソーセージに食らいつくタローから、もう目が離せない!
今までにないスピード感と斬新さが審査員に絶賛された、第8回MOE創作絵本グランプリ受賞作。
実況中継風に読み聞かせをすれば、大盛り上がりすることうけあいの一冊です!
2020年8月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大食いタローが一直線に走ってきます。大きな食パンに突っ込んで食べ抜けると今度は空からソーセージが!
    単純明快、理屈抜きの絵本。主人公がタローって名前なのは、タイトルとラストしかでてこないし、「なんでやねん」と突っ込みどころも多いのですが、勢いだけはあります。

  • タローの場合、全てをたいらげて次へいくという大食いではなくて、只々真っ直ぐ前に向かって食べ進むという潔さ。
    食パンの壁を突き抜け、ソーセージの綱もどんどん短くなり、とうもろこしも一列キレイに空け…。“ヨーグルトのいけ”は食べずに飲み干す勢いw
    最初の「だれだ!」に「おおぐいタロー!」とすかさず答えた4歳10ヶ月の息子。タローの猛然とした食べっぷりに唖然。ラストのドアを「これトイレと見せかけて、実はチョコレートなんじゃないの?」と疑っていたw

  • 無言で次々と胃に収めていく、恐るべしタロー‼︎

全3件中 1 - 3件を表示

マスダ・カルシの作品

ツイートする
×