ノラネコぐんだん ケーキをたべる (コドモエのえほん)

著者 :
  • 白泉社
4.00
  • (40)
  • (41)
  • (34)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 1097
感想 : 43
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762799

作品紹介・あらすじ

累計180万部突破の大人気シリーズ最新作は、ケーキ屋さんが舞台!
朝、開店前の「ワンワンケーキのみせ」をのぞくノラネコぐんだん。
店内では、マーミーちゃんがワンワンちゃんに「1こ たべても いいでしょう?」とおねだりしています。
いつもとはひと味違う新展開に、ハラハラドキドキが止まらない!
マーミーちゃんの活躍やケーキづくりのシーン、おいしそうなケーキの数々も必見です♪
2020年11月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小さい頃このシリーズよんだなぁー。
    凄く懐かしい絵本だった。どの巻でも同じシチュエーションなのに、飽きないところが凄い。

  • 自分的なあらすじ
    今度はマーミーちゃんが主役!?
    工藤ノリコさんのお馴染みの可愛い絵から、いつもとは違う大冒険がある!そう、ここには、ほっこりエピソードが詰まっている!小さくなって大冒険!いつもとは一味違う、ほっこりエピソードおひとついかが?

  • いつものメンバーがケーキ屋さんの前に並んでみています。。。
    そしてどっかーーーーん。までいつも通りに楽しい絵本。
    でも今回は最後にちょっとおまけがあって、それもかわいかった。

  • 4歳0ヶ月
    2歳1ヶ月
    小さくなってケーキを食べているページがお気に入り。毎回の怒られているページはセリフを覚えていて、読んでいました。

  • この本は学校で読んで見たら、とても、とても面白くて、
    友達から、『次かして』と言っていました。
    まだ、読んでいない人は絶対に読んだほうが良いと思います。

  • 本当に工藤さんの書く食べ物がいつも美味しそう。今回の「ドッカ~ン」どうくるかな、とワクワクして読み進めるとなんと今回は二段構え(笑)マーミーちゃんの今回の活躍?ぶりがなかなか沁みます。ノラネコぐんだんは相変わらずだけど…
    でもこれでいいんですよね、彼らは。
    これからもいろいろしでかして、反省もして私たちを楽しませてほしい(笑)

  • 今回のノラネコぐんだんはそれほど悪くなかった。そもそもアリンコが入り込める隙間があったのが良くないしね。体の大きさが戻るときにお店が壊れるのもちょっと無理があるかなぁ。子どもが「えー?なんで?」って少し不服そうだった。

  • めずらしくマーミーちゃんもしでかす回
    それにしても工藤ノリコ先生のお菓子やお花、細かい描写の絵が本当に素敵で可愛い

  • 朝、開店前の「ワンワンケーキのみせ」をのぞくノラネコぐんだん。
    店内では、マーミーちゃんがワンワンちゃんに「1こ たべても いいでしょう?」とおねだりしています。

  • 3歳2ヶ月。図書館で借りた本。
    今回は小さくなっちゃったノラネコぐんだん。
    彼らはいつもワンワンちゃんのお店に勝手に忍び込んで悪さはするけど、どこかやっぱり愛のあるところが憎めない。
    マーミーちゃんの誕生日ケーキ、粋じゃないの〜

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

絵本作家、マンガ家。1970年神奈川県生まれ。女子美術短期大学卒業。99年「コバンツアーかぶしきがいしゃ」(偕成社)でデビュー。主な絵本作品に〈ノラネコぐんだん〉シリーズ(白泉社)、〈センシュちゃんとウオットちゃん〉シリーズ(小学館)、〈ピヨピヨ〉シリーズ(佼成出版社)、〈ペンギンきょうだい〉シリーズ(ブロンズ新社)など多数。マンガ作品に〈ワンワンちゃん〉シリーズ(白泉社)、童話作品に〈マルガリータ〉シリーズ(あかね書房)などがある。その他、イラストレーションやエッセイも手掛ける。

「2021年 『増補改訂版 工藤ノリコBOOK』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤ノリコの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×