ノラネコぐんだん ケーキをたべる (コドモエのえほん)

著者 :
  • 白泉社
3.94
  • (16)
  • (16)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 456
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592762799

作品紹介・あらすじ

累計180万部突破の大人気シリーズ最新作は、ケーキ屋さんが舞台!
朝、開店前の「ワンワンケーキのみせ」をのぞくノラネコぐんだん。
店内では、マーミーちゃんがワンワンちゃんに「1こ たべても いいでしょう?」とおねだりしています。
いつもとはひと味違う新展開に、ハラハラドキドキが止まらない!
マーミーちゃんの活躍やケーキづくりのシーン、おいしそうなケーキの数々も必見です♪
2020年11月刊

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いつものメンバーがケーキ屋さんの前に並んでみています。。。
    そしてどっかーーーーん。までいつも通りに楽しい絵本。
    でも今回は最後にちょっとおまけがあって、それもかわいかった。

  • ねこがありをふんじゃって、ありはぱわーをぱーってしたら、にわとりとねこさんがちいさくなって、こっそりケーキをたべれるようになって、それで、ありさんにのどがかわいて、ありさんにもどしてみようってなって、つかえてみようっなって、にわとりさんがじょおうさまのところにいって、なおしてくれたから、たのしかった!

  • 今回はアリと同じ大きさに小さくなって
    ケーキを食べちゃう。
    ドッカーン
    壊して、怒られて、手伝って
    しれっと帰ろうとしてまた怒られて
    建物をなおす
    いつもパターンは子供も覚えました

  • ワンワンちゃんが始めたケーキ屋さんのケーキを狙うノラネコぐんだん。ノラネコぐんだんの他にも堂々とケーキを狙う多勢のライバルがいて…。
    アリンコビームは驚きの威力w
    今回はマーミーちゃんが影の主役だったなぁ。
    ノラネコぐんだんのピンチもあったけれど、最後はいつもの安定のオチにいちごのケーキの幸せ気分が加わってほんわか。
    「ドッカーン!」の連発には5歳5ヶ月の息子大喜び。

  • お馴染みドッカーン、そしてお手伝い。
    わるわるかわいいノラネコぐんだん、また会えた。

  • この本を読んで、ノラネコぐんだんのファンに。
    細かいところまでいろんな描写があって、
    あ!ここにアリさんもいる!
    これは赤ちゃんアリ?
    など、会話しながら楽しんで読めました。

  • K
    3歳10か月

  • ありんこビームがお気に入り✨
    二歳のクリスマスプレゼントに✨

  • 大好きなノラネコぐんだんシリーズ♪
    途中、なんでこんな展開になったのかなぁって疑問だったけど、なるほど、ドッカーンからの破壊か(笑)
    相変わらず店長手厳しいわ(笑)(笑)

  • ガリッ×8回で、いつもより盛大に吹き飛んだワンワンちゃんのお店に娘大爆笑。(4歳)

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅をするのがだいすき。絵本に「ぺんぎんきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)、「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「センシュちゃんとウオットちゃん」シリーズ(小学館)、『ジャングルの王さま』(偕成社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。工藤ノリコオフィシャルサイト http://www.buch.jp/

「2015年 『ペンギンきょうだい バスのたび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤ノリコの作品

ノラネコぐんだん ケーキをたべる (コドモエのえほん)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×