夜涼の顔 ぷらっと黄表紙 (招き猫文庫)

著者 :
制作 : わみず 
  • 白泉社
3.80
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :25
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592831204

作品紹介・あらすじ

貸本屋の虎吉、戯作者の九玲彬に、掛け軸から夜な夜な真っ白な顔の女が現れるという恐ろしい相談が持ち込まれた。絵師の英の助けを借りて軸を調べた二人だったが…。江戸の四季を温かく描く連作短編。
2015年7月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 20170910

  • ミステリ要素ないって言ったけど、花番付はちょっとあるかな。いろんなタイプのお話があるけど、どれもほんわかテイストで好き。やっぱりファンタジー入った話もあるし、いろんなバリエーションをもっとみてみたいです。恋の行方も気になりますね。英ちゃんの出番、もう少し欲しいです。お鈴ちゃんも頑張れ。虎吉の過去も気になります。ちゃんとシリーズ、続きますよね…?

  • 面白かった。
    時代小説な感じもする。
    FQの名前が気になるのもったいない。

  • 2冊目にして安定してます。春夏秋冬の江戸の景色も楽しいですし、なかなかに粋なお話です。
    個人的には冬の話が良かったな。人ならざるものとの約束が絡む話なので、怖い展開になるのかと思いきや、どこかふわっとした話でした。いいですね。

全4件中 1 - 4件を表示

深沢美潮の作品

夜涼の顔 ぷらっと黄表紙 (招き猫文庫)はこんな本です

ツイートする