恋水奇譚‾SAMIDARE (白泉社花丸文庫BLACK)

著者 :
制作 : あじみね 朔生 
  • 白泉社
3.33
  • (0)
  • (7)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592850595

作品紹介・あらすじ

盗まれた名刀・五月雨を正当な持ち主である師へ捧げるため、単独敵に挑んでいった鈴鹿。相手は師から刀を奪うほどの手練。死は覚悟していた。しかし、天城と名乗るその男は、強さは本物だったものの、性格は飄々として身なりはだらしなく、揚げ句信じがたい好色家だった。闘いに敗れた鈴鹿を凌辱した上、馬鹿にしたことにまたいつでも狙えと挑発してくる。怒髪天を衝いた鈴鹿は、師のため、また雪辱のため、天城の元に留まった。が、事は思うに任せず、そのたびに快楽地獄に叩き堕とされて…。名刀・五月雨とそれを巡る男たちの、センシュアルアクションラブ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんちゃって時代もの?

    エチー濃厚な、いろいろ詰め合わせプレイ…
    主人公の生い立ちは、結構重めのはずなのに
    なぜか軽~く読める一冊です

  • 師から名刀を奪った剣士×藩主の息子

    時代物、ですがなんというかそれを期待して読むとものすごく違和感があります。
    なんちゃって時代物、とでもいうのでしょうか。
    ただ、その違和感に慣れてさえしまえば楽しく読めます。

    エロシーンはたっぷりあるし、受けは黒髪長髪の美男子ですし。
    触手あり、尿道ありでかなりハードな部類を好まれる方は最適かもしれません(笑)

  • なんちゃって時代BLです。時代小説&ファンタジーが読みたい人は是非!

  • [剣術総領×藩主嫡子]

    nyoudou・・・尿道・・・?
    そういうプレイがあるというのは聞いたことがありますが、
    それをネタにしている小説は初めて読みました。
    ビックリです。

    文章的にあまり好みじゃなかったです。
    感動ストーリーみたいな雰囲気はあるが
    まったく何も思わなかったです。

全4件中 1 - 4件を表示

恋水奇譚‾SAMIDARE (白泉社花丸文庫BLACK)のその他の作品

西野花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする