110番は恋のはじまり (白泉社花丸文庫)

著者 :
制作 : 潮見 知佳 
  • 白泉社
2.91
  • (0)
  • (0)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592870500

作品紹介・あらすじ

警察学校での半年間の生活を終え、高石署に勤務することになった新人・伊藤和久は、初出勤の途中で派手なバンに水を跳ねられびしょ濡れに…。気分悪く職場の高牟礼交番に出向いた和久だったが、机の上に清楚な百合の花が生けてあり爽やかな気持ちに…。だが、いつも交番に花を生けにくる花屋の店主の正体が実は…!?書き下ろし新作登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フラワーショプ店長×新人警官 。攻めの行動が少々唐突過ぎる。受けもずるずると流されていつの間にか両思いになる。心境の変化の過程がかなり強引に感じた。後半はアクシデントも発生しストーリーが多少進行するが、いまいち設定や個性が生かしきれていない印象。

  • 警察学校での半年間の生活を終え、高石署に勤務することになった新人・伊藤和久は、初出勤の途中で派手なバンに水を跳ねられびしょ濡れに…。
    気分悪く職場の高牟礼交番に出向いた和久だったが、机の上に清楚な百合の花が生けてあり爽やかな気持ちに…。
    だが、いつも交番に花を生けにくる花屋の店主の正体が実は…!?書き下ろし新作登場。

  • 警察学校での半年間の生活を終え、高石署に勤務することになった新人・伊藤和久は、初出勤の途中で派手なバンに水を跳ねられびしょ濡れに…。気分悪く職場の高牟礼交番に出向いた和久だったが、机の上に清楚な百合の花が生けてあり爽やかな気持ちに…。だが、いつも交番に花を生けにくる花屋の店主の正体が実は…!?書き下ろし新作登場。<br>
    <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4592870506/crazymoon0b-22" target="_blank"><img src="http://booklog.jp/img/noimage.gif" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4592870506/crazymoon0b-22" target="_blank">110番は恋のはじまり</a></div><div class="booklog-pub">井村 仁美 / 白泉社(1998/07)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:568,826位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/0.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4592870506/crazymoon0b-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/crazymoon/asin/4592870506" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全3件中 1 - 3件を表示

井村仁美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

110番は恋のはじまり (白泉社花丸文庫)に関連する談話室の質問

110番は恋のはじまり (白泉社花丸文庫)はこんな本です

ツイートする