ルームメイトは恋の罪人 (白泉社花丸文庫)

著者 :
制作 : 松本 テマリ 
  • 白泉社
2.96
  • (0)
  • (2)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592873303

作品紹介・あらすじ

エトワール学園寮205号室の夏木万智と友成義郎は、昨年のクリスマスから肉体関係を続けていた。彼女に振られ友成が万智を襲い、友成のことを憎からず思っていた万智がそれを受け入れて、今に至っている。だがそんな関係も友成の「彼女を作る」という発言で崩れてしまう。彼女ができた以上、ただの友達に戻るべきだ。そう考える万智だが、やはり友達には戻れない。やがて二人の関係は、少しでも体に触ったら罰金という最悪な状態にッ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キュン★★★★
    P   ★★★

  • 高校生もの。
    クリスマスに酔った攻めに襲われてから、セフレの関係を続けている受け。本当は好きだから恋人になりたいんだけど、清算されるのが怖くて言い出せないっていう話。テンプレかな?
    女にモテモテの攻めと男にモテモテの受けの駆け引きが高校生らしくて?可愛かった。

  • 金持ち攻め×意地っ張り受け。
    男子寮、同級生、ルームメイト。
    身体に触れたら罰金状態の二人。
    どうなるこの先。

  • エトワール学園寮205号室の夏木万智と友成義郎は、昨年のクリスマスから肉体関係を続けていた。彼女に振られ友成が万智を襲い、友成のことを憎からずに思っていた万智がそれを受け入れて、今に至っている。だがそんな関係も友成の「彼女を作る」という発言で崩れてしまう。彼女ができた以上、ただの友達に戻るべきだ。そう考える万智だが、やはり友達には戻れない。やがて二人の関係は、少しでも体に触ったら罰金という最悪な状態にッ!!

  • エトワール学園寮205号室の夏木万智と友成義郎は、昨年のクリスマスから肉体関係を続けていた。彼女に振られ友成が万智を襲い、友成のことを憎からずに思っていた万智がそれを受け入れて、今に至っている。だがそんな関係も友成の「彼女を作る」という発言で崩れてしまう。彼女ができた以上、ただの友達に戻るべきだ。そう考える万智だが、やはり友達には戻れない。やがて二人の関係は、少
    しでも体に触ったら罰金という最悪な状態にッ!!

全6件中 1 - 6件を表示

ルームメイトは恋の罪人 (白泉社花丸文庫)のその他の作品

鈴木あみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする