可愛い下僕の育て方 (白泉社花丸文庫)

著者 :
制作 : 門地 かおり 
  • 白泉社
3.33
  • (4)
  • (8)
  • (28)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592874799

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暴君のフリをして心の中ではみのりを可愛いと言っている克幸が可愛かった。

  • 高校2年生(王様)×高校1年生(下僕)。擦れ違いが擦れ違いを呼んでギリギリまで終着点が見えない誤解と擦れ違いの王道ストーリー。メガネをはずすと美少年は鉄板。俺様なはずの攻めが意外にも健気で可愛い。若いからこその残酷さと健気さにキュンキュンする青春の一冊。攻めと攻めの親友のやり取りも良い。

  • ぎゅんぎゅん・・・!雪代さんのキャラクター造形と門地さんのビジュアライズがとってもマッチしてました。門地さんのちょいショタ受けは絶品です。

  • 好きな子ほどイジメたい攻めの気持ちはわかりますが、すれ違いすぎ・・・。要領悪い!ちょっとイライラしましたよ。

  • ●あらすじ●

    清和学園高等部の一年の佐倉みのりと一学年上の生徒会副会長・鷹野克幸は暴君と下僕の関係だ。どんなにワガママを言われても、意地悪されても克幸には絶対服従の毎日を送るみのり。ある日、みのりは克幸の親友である生徒会長・久津見麗に恋をしてしまう。それを知った克幸は、地味でサエないメガネっ子のみのりが麗にふさわしい相手になれるよう、レッスンしてやると言うが、それはとってもHなもので・・・!?
    </br><a href="http://blsenka.seesaa.net/article/21339945.html" >感想を読む</A>

  • かなり胸きゅん。ちょっとあっけなかったけど。

全7件中 1 - 7件を表示

可愛い下僕の育て方 (白泉社花丸文庫)のその他の作品

雪代鞠絵の作品

ツイートする