ガラスの仮面 (第22巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1995年9月1日発売)
3.56
  • (23)
  • (17)
  • (67)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :289
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.9.26市立図書館
    はじめの3分の1は、瀕死の床の月影千草が走馬灯のように来し方を回想(めぐる因果の恐ろしさ)、なんとか生きながらえほっと一息。一角獣や月影の仲間たちも交えての紅天女の役作り稽古、役の感覚のつかみかた(解釈・分析か憑依か)と表現力をめぐる亜弓とマヤそれぞれの嫉妬と葛藤、そして梅の谷でのふたりの紅天女稽古の成果おひろめから月影による最後の「ほんものの紅天女」へ。
    紅天女という芝居を通して自然観、生命観を追求しつつ、月並みながら愛憎渦巻く展開。

  • 月影先生はいつまで持つのか……というか、作者はどこまで生かすつもりなのか……

  • マヤと速水さんの恋の行方がもどかしい…!
    ラスト付近、マヤちゃんと桜小路クンがじゃれあっている(?!)シーンを見たときの速水さんの「ズキーーーーーン」はかなりの名場面。

  • このマンガ、いつも感じるが主人公二人の成長をちゃんと感じさせてくれないと思わずにはいられない。
    この時点でもって主人公がまだ憑依からの脱皮を自己認識できないって、やはり単純に終わり時を見失ってるな、このマンガ家。

  • 月影先生の過去を知る。
    ちょっと大人な巻でした。

  • 既存読破!!
    ちゃんと完結するかなぁ〜?????

    CLAMPのエックスとガラスの仮面は完結して欲しいなぁ〜

全7件中 1 - 7件を表示

美内すずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする