ガラスの仮面 第23巻 紅天女 4 (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1999年9月1日発売)
3.63
  • (42)
  • (26)
  • (96)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 432
感想 : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880233

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 紅天女修行!!
    ごめんなさい紅天女のところは長すぎてよくわかんなかったのですっとばしました。そして今回目立ってたのはやはり源造。地味にオールマイティだよね

  • 源造大活躍、といった前半。
    今までは月影先生の後ろにチラチラ見切れるヒゲのおじさん、くらいの立ち位置だった源造が。
    かっこよかったなあ。
    でもきっと彼の恋は報われないんだろうなあ。

    今回この巻をじっくり読んで、初めて紅天女の話の内容が分かった気がする。
    今まで「字、多い」とばかりに読み飛ばしたりしてたから

  • 2015.10.4市立図書館
    紅天女④
    巻の半分は梅の谷での月影千草による「紅天女」の舞台。笛や鼓を演奏しながらの語り進行や相手役は付き人源造(ここにきてこの活躍ぶり!)。芝居内容が重いのでいつも以上によむのに時間がかかった。
    上演後の高揚の中でのマヤと速水真澄の一瞬の邂逅。宿敵マヤと亜弓は本音のぶつかり合いを経て改めて紅天女役奪取を宣言し合い、梅の谷での「紅天女」の役をつかむ稽古は終わり、それぞれ東京に戻り、試演にむかっていく。
    ますますスポ根だし、月影先生は不死身だし、マヤと速水真澄の恋は壮大になる一方だし。
    解説は安達祐実(かつてテレビドラマ版マヤを演じている)

  • 結局天才と秀才の図式に変更はなしということですかい。
    マンガのダイナミズムの観点からすれば、姫川亜弓の方が本当の主人公という気がする。

  • 巻末解説:安達祐実

  • あゆみさんがマヤの敵討ちする話、やっぱ好きです。

  • ぶつかり合うマヤと亜弓。
    その後の展開はまさに王道。

    また、本筋とは関係ないけど、大河ゆえに起こる時間軸のズレも楽しみの一つ。

  • 「恐ろしい子……!」
    元々は母のだったのを、全部譲り受けました。
    というか無理やりもらいました。
    真夏の夜の夢も二人の王女も女海賊ビアンカも内容の説明が出来るくらいには読み込んでいるみたいです。
    まあ何にせよ速水さん一筋です。

  • 気がつけば二人は宇宙的運命の恋ってことになっていますねぇ。

  • まだ連載されてます。
    終わりが早く見たいような見たくないような。
    とりま作者さんが生きているうちには結末を描いてほしいです。

全32件中 1 - 10件を表示

美内すずえの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×