ガラスの仮面 26 (白泉社文庫 み 1-40)

著者 :
  • 白泉社 (2014年3月14日発売)
3.88
  • (7)
  • (11)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 117
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880264

作品紹介・あらすじ

視力が衰える中、母とともに必死に稽古をする亜弓。一方マヤは、紫織の罠によって真澄との仲が…!? 白泉社文庫創刊20年目の第26巻には、読者が選んだベストシーン「夜のクルーズ船」がいよいよ登場! 2014年3月刊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • わあああ!
    大展開

  • 早く終わらせてあげてー

  • コミック版を読んだときは、紫織さんの肉食系なところばかりがめにつきましたが、まぁ、実はマヤも真澄さんも、ガツガツいっているなぁと思ったり。

    紅天女で、お話が終わるのかなぁ。
    作中の時間だと、あと1年ぐらい?そうすると、現実では、後10年ぐらいで終わるのかも。

  • 速水さんやっと決心、けど波乱の予感。
    マヤは魂のかたわれを感じることで紅天女をつかんでいくか
    亜弓さん神経を研ぎ澄まし気を感じることで紅天女を体感していく
    桜小路くんにまで試練。身も心も傷ついている一心役に向かい合う

  • 恋愛がめちゃくちゃ進展しただと…!?しょ、少女まんがか…!?ハッ少女まんがだった…。
    紫織さんは可哀想だなあ。しかしみんな潔癖である。まるで少女まんがのよう…ってだから少女まんがなんだけども。速水さんもいきなりそんなに思い切っちゃうくらいなら最初から婚約しなければいいのに…まあしょうがないか。完敗らしいしな。
    亜弓さんと綾小路くんの芝居への情熱も見れたし、盛りだくさんでした。ううーむこれでいくと亜弓さんの方の紅天女はものすごい神がかった感じでマヤの方は濃厚な恋心うずまく物語みたいな感じになりそうだなあ~。

  • マヤは紫のバラの人との恋愛葛藤で、亜弓は目のケガによる葛藤で、さらにそれぞれの「紅天女」を深めていくってわけねぇ~。
    ある意味すごくベタな展開なのに、ワクワクドキドキさせられるっていう、何だろう「物語る」ということをすごく意識させられるマンガだねぇ…。

  • やっと思いが通じたか!
    長すぎる春だなぁ。
    しかも、このあとは春の嵐の予感…。

  • 46巻と47巻を通して読むと、速水さんとマヤちゃんの心の接近、そして速水さんと紫織さんの心の距離がますますすれ違っていく様子がパラレルに描かれていることに気がつきました。

    夜のクルーズ船のやりとりは大好きで何回も読んでいますが、マヤちゃんの女優としてのピークを感じてしまい、紅天女の試演がどうなるのか気になりました。

    亜弓さんの演劇へのストイックさがとっくに目立つ巻でもありました。亜弓さんが紅天女でマヤちゃんが速見さんと結ばれて終わりになってほしいと思う内容でした。

    美内先生、早く50巻を書いてください、と言いたくなりました。

  • 急転直下で惹かれ会う二人。
    魂の片割れ。
    この巻は紅天女に影響を与えるエピソードが盛り沢山。

  • 今回は読み応えたっぷり!

    いいなー紫織さん。目が離せないったら。
    でも、紫織さんがあーなっちゃうのは、多分に真澄さまのせいでもあるわけで…。

    今回一番ナイスなコマは、クルーズ船のベッドの、マクラのアップ(笑)
    いやいや真澄さんよ、あんたいくつよ?
    そんな純情乙女みたいな反応…。

    亜弓さんの目、桜小路くんのケガ、紫織さんご乱心、真澄さまとマヤの関係、紅天女と、目が離せないところが盛りだくさん。

全11件中 1 - 10件を表示

美内すずえの作品

ガラスの仮面 26 (白泉社文庫 み 1-40)を本棚に登録しているひと

ツイートする