綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1994年6月1日発売)
4.10
  • (215)
  • (91)
  • (160)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 1019
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・マンガ (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880615

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チビの眼を通して語られる世界はとてもにぎやかできらきらしている。どこか懐かしい絵柄だと思ってはいたが、幼い頃愛読していた「ちびねこ」の元の作品だったとは!

  • 幼稚園か小学生の頃か一度だけこのビデオを観たことがある。小さい子猫が一面トイレの国に行こうって。砂漠をトイレだって?!っと幼心にも強烈な印象を遺していった作品だった。どんなビデオの結末だったのか記憶にないけれど、チビ猫が人間になりたいって頑張ってるのが切なくて、もう一度観たいって思ってた作品。が、本屋に平置きされていた。一目観て、まさか?!と、思いあらすじ読んでビンゴ。即購入、読了。自分の産まれる前の作品だったけれど面白いし、絵の構図も可愛らしい。

  • 何年かぶりに読み返した
    こんなにも
    死が埋まってる
    お話しだったのか

    チビ猫の前の"おかあさん"と本当の母猫は何処に?
    もうわからない

    そしてパウダーは
    やがて粉のように飛び散るのか

    それでも

    しあわせをみつけながら
    生きてくしかない

    ラフィエルに再開する日を待ちながら
    にんげんにはなれなくても
    少しずつホワイトフィールドに近づきながら。

  • 最古の猫耳と聞いて。
    昔の少女漫画は軽さも重さも明るさも暗さも含んでいるね。

  • これまた表紙がないのが残念。
    綿の国星を知ったのは珍しく母がどこからか借りてきたコミックが積み上げてあったのをこっそりと読んだときだ。
    夢中になって読んだ。絵がかなり昔の少女漫画風なんだけど、良い漫画はそんなものは跳ね除けてしまうものだ。
    幻想と空想と現実が入り乱れたとても詩的なタッチで、素敵と言う言葉がしっくり来る。
    可愛い子猫の擬人化した漫画といってしまうと子供向けというかいまやどこのアキバ系かってかんじだけれども内容はむしろ大人の女性向けだとおもう。

  • 長い間、借りたままだったのをやっと読みました。
    なんとなく「今日は大島弓子っていう気分じゃないんだよな〜」と先延ばしにしてしまっていたのですが、こんな長雨に閉じ込められているときに読むとしっくりきます。
    
    『綿の国星』を長らく読まずにきたのはチビ猫のキャラクターがかわいすぎて、甘すぎる気がしていたから。
    
    実際、後半はちょっと甘すぎる感じがするのだけど、子猫を食べてしまった母猫や、死なせるくらいなら食べてしまえばよかったと思う母猫の話、飼い主の老婆そっくりの若猫など、ところどころにドキッとするエピソードが入っている。
    
    人は、猫は、なぜ死ぬんだろう。
    死んだらどこへ行くんだろう。
    
    予備校(実際には井之頭公園あたり?)や、夜の竹林や、土砂降りの雨の中、家に帰るチビ猫とか、見開きページにやはり時々ドキっとする場面があります。
    
    チビ猫がずっとかわいいチビ猫のままで、ホワイトフィールドに成長する展開が描かれなかったのは残念。
    
    

  • 2019年3月2日に紹介されました!

  • うちの本棚には萩尾望都先生と大島弓子先生のコーナーがあります。
    どんな絵本より可愛らしい。

  • 奇跡のような一冊。

  • 仕事の夏の山をこえたので書店をうろうろしていたら、大島弓子さんのコーナーに興味をひかれるタイトルを多く見つけた。
    裏表紙の解説などをみて猫のファンタジーだと知って、購入した。

    綿の国星、ペルシャ、シルク・ムーン プチ・ロード、ミルクパン・ミルククラウン、カーニバル ナイト。

    なんだろう、この感じ、ふわふわ~。
    須和野チビ猫、ホワイトフィールド。
    昭和53年の連載ということで、線やローマ字など、昭和感がすごい。
    一話目はよんでいて疲れてしまったけれど、二話目からは擬人化にもなれ、 笑ってしまったところもあった。
    ラフィエルがすごく気になる……チビ猫にはお姫さま要素がある。
    先が知りたいし、猫のパーティーをもう少しみたいな。

全111件中 1 - 10件を表示

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)のその他の作品

綿の国星 1 (白泉社文庫) Kindle版 綿の国星 1 (白泉社文庫) 大島弓子

大島弓子の作品

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

綿の国星 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする