パタリロ!―選集 (3) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.43
  • (3)
  • (5)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592880738

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • バンコランの過去回のマライヒが可愛すぎか。もはやどっちも男だという事実があまり気にならない。パタリロの能力もさらに常軌を逸してきて、時空を自由に飛び回るようになってきた。彼に関してはなんでもアリなので、とても使い勝手のよいキャラクターを生み出したな、という感想。ジワジワ面白くてつい読み進めてしまう。

  • 読書録「パタリロ!選集3」4

    著者 魔夜峰央
    出版 白泉社

    P126より引用
    “人にはそれぞれちがった幸せの道がある
    ひねくれた知能の持ち主ながらパタリロはそのことだけは知って
    いたのです”

     目次から抜粋引用
    “パタリロ7世と8世
     時を駆けるパタリロ
     パタリロ8世と10世
     忠誠の木
     霧のロンドンエアポート”

     南海の小島の王国の少年国王を主人公とした、少女漫画風ハ
    チャメチャギャグ漫画。
     花の咲き誇る良い天気のある日、自国の鉱山の発破作業を見学
    に来ていた主人公・パタリロだったが…。(パタリロ7世と8世)

     上記の引用は、「忠誠の木」という一話での一文。
    普段はでたらめなパタリロですが、指導者としては素晴らしい人
    物のようです。
     生身で時間を渡れるようになって、いよいよ人間離れしてきま
    した。理屈を気にする人は納得出来ないところが多いかもしれま
    せんが、あまり深く考えていたら楽しめないこともあるでしょう。
    科学的整合性に重点を置かれるのであれば、本格SFを読むほうが
    楽しめるのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • 「忠誠の木」「FLY ME TO THE MOON」

  • ひょんなことからタイムスリップを体得したパタリロが、バンコランの過去へ飛ぶ!バンコランの過去の恋人デミアンに、マライヒは嫉妬の炎を燃やす。ぶっとんだギャグの中にも魔夜峰央氏の博識ぶりが見え隠れして、とてもおもしろいです。パタリロは明らかに人外の生物だが、目から怪光線が出るバンコランも充分にふつうの人間じゃないぞ!

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

漫画家。1973 年『デラックスマーガレット』(集英社)でデビュー。1978 年「ラシャーヌ!」を複数の漫画雑誌(白泉社)に不定期連載開始。デビュー以来、オカルト・ホラーやミステリー調のシリアス路線が作風の主体であったが、同作からギャグ路線に変更。同年「パタリロ!」を『花とゆめ』(白泉社)で連載開始。アニメ化されヒット作となる。近年は復刻出版された『翔んで埼玉』(宝島社)や、「マンダム」「パタリロ!」第1話ほか珠玉の作品ばかりを集めたベスト作品集『う?ん、マンダム。』(PHP 研究所)などが好評を得ている。

パタリロ!―選集 (3) (白泉社文庫)のその他の作品

パタリロ! 3 (白泉社文庫) Kindle版 パタリロ! 3 (白泉社文庫) 魔夜峰央

魔夜峰央の作品

ツイートする