動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1995年12月19日発売)
4.03
  • (617)
  • (204)
  • (554)
  • (4)
  • (3)
本棚登録 : 2289
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・マンガ (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881414

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • じわじわくる

  • 私の生活の中で、必要なアイテムです。

    「動物のお医者さん」
    初めて読んだのは、まだ10代の頃。
    あの頃は、ハムテルも二階堂も私にとっては「お兄さん」でした。

    人物も動物たちも
    それぞれが個性豊かで、
    落ち込んでるときでも、思わず微笑んで・・・というか
    声を出して笑ってしまう・・そんなシリーズの
    記念すべき第一巻です。

  • 面白い!とにかく楽しいです、佐々木さんの漫画は。
    動物と暮らしていると共感できるところが沢山あります。
    ハスキー飼いたくなります。

  • 一番好きな漫画と言っても過言ではない、語れないほどの愛。
    読み終えました。

  • 動物漫画の金字塔だと思います!
    人間はもちろん、
    動物たちもみんなキャラが濃くて
    しかも
    何回読み直しても
    面白いんですよね。

    人前で読むの厳禁。
    笑ってしまうから。

  • 愛すべきキャラクターたち

  • 動物がリアルかつ愛らしく描かれている

  • 動物漫画には基本的に好きなのだが、中でもこのシリーズは最高!!
    チョビの素直さ、ミケの自由さを筆頭にまるで人間になっているかのような視点で描かれたこの不思議な世界感。
    人間のキャラだちも漆原教授を筆頭に個性豊かな面々。
    どの話を見ても面白く、ほっこりします、いい漫画です。
    8巻で終わりなのが非常に残念!

    P.S.菱沼さんのキャラクター、大好きです。

  • 面白い!名作マンガのひとつだと思う。

  • 高校の図書室にあったので、和作法室(部室)で読んでたなー。
    むっちゃ面白い。かなり笑える。
    動物も面白いけど、人間も面白い。

全309件中 81 - 90件を表示

佐々木倫子の作品

ツイートする