動物のお医者さん (第8巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1996年6月19日発売)
3.91
  • (150)
  • (49)
  • (179)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 808
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・マンガ (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881483

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学内にある動物病院のお話。

    動物好きというわけではないし、動物系の話は悲しいものが多いので苦手なのですが、
    このコミックはそういう話は一話もありません。

    動物よりも、獣医学部の超特殊な雰囲気が好きです。
    どこかにはあんな楽しげなメンバー・空間があるのではと信じさせてくれる描き方。
    あと、安易に恋愛を入れてこないところも良かった。

    話の内容は全然違うのですが、
    『うる星やつら』のような楽しい学園生活です。
    あと、もちろんチョビはかわいいです。

  • 動物のお医者さん8巻

  • 2011年3月25日(金)、読了。

  • 図書館の本

    カラスとの知恵比べとか、お弁当強奪とか、勝手に養子縁組しちゃう漆原教授に大笑いでした。
    あいかわらずチョビはかわいくて、菱沼さんが幼少期黒美少女だったのはわらえた!
    カンガルーってしゃがめばOK?

  • 動物も人間もべたべたした関係じゃないところが好き。共存しているけど、人間のエゴが極力抑えられた世界。そこがいい。

  • 全8巻。
    獣医さんを目指してる学生の話。志望理由がまじめなようでユルいような気がする・・・。何回読んでもおもしろい☆ゲラゲラ笑うんじゃなくて、クスクス笑っちゃう感じ。リアルにこんな教授いたらおもしろいけど、外から見てるだけでいいや。

  • 最終巻です。最後こそは泣ける感動の終わり方かと思ったが、最後まで笑える内容でした(^▽^)。

佐々木倫子の作品

ツイートする