風と木の詩 (第2巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.82
  • (23)
  • (12)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 204
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自由奔放な恋愛を繰り広げるジルベール。
    そんなジルベールが気になるセルジュ。

    さてさて、2巻の展開はというと…
    パスカルの家族との出会い&将来の夢を知ったセルジュ。
    でもって、ジルベールのことを知るロスマリネっていうまたまた一癖ありそうな人物が登場。
    でもってそのロスマリネを操るオーギュスト・ボウって人が登場するんだけど…あれま、この人ってジルベールの…。

    3巻が楽しみ!

  • 2巻まで一気読み。元々どんな話か大体は知っていたので覚悟はしていたけれど、思った以上に話が複雑。セルジュとジルベールが対照的。

  • パットー!俺だーッ!結婚してくれー!

  • 何かを求めて多数の男に抱かれるジルベールを救済しようと試みるセルジュ。しかし、ジルベールを取り巻く事態は深刻なものであった。
    学院に多額の寄付をするジルベールの父、学院を牛耳り続ける卒業生の叔父オーギュスト。
    二人に大きな渦が襲い掛かる。

全4件中 1 - 4件を表示

竹宮惠子の作品

ツイートする