風と木の詩 (第3巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.89
  • (23)
  • (12)
  • (28)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • お~!!
    ついにジルベールの過去が明らかになる3巻!
    さてさて、オーギュスト・ボウとジルベールの関係とは?

    「ん~まあ!この子は一体どんな育ち方をしたざんす?」
    とマジメな大人が言いそうなセリフが頭に浮かぶ3巻。

    いや~ホントね、3巻を読んで思ったよ。
    ジルベールってすごく愛と自由に生きてる人なんだなって。
    愛って何なんだろ…
    なんて哲学的に考えてしまう3巻。

    深い!!

  • 話がどんどん重くなっていく。どう育ったらこんな人間に育つんだろうって思ってたけど……。そして、本編あとの解説でものすごくネタバレしちゃってる気がするんですけど、気のせいじゃないよね?

  • 読むのが辛かった…。

  • 明かされるジルベールの過去。
    ジルベールの出生と奇行の理由、狂気ともいえる妖艶さの全てが語られる。
    彼の父とは、叔父とは、求めるものとは…

全4件中 1 - 4件を表示

竹宮惠子の作品

ツイートする