風と木の詩 (第10巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.96
  • (32)
  • (11)
  • (35)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 203
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881605

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ピアノの道を歩むチャンスが来たセルジュ
    しかし、先生にジルベールとのことを否定され…
    収入減を絶たれたセルジュとさみしさで押しつぶされそうになるジルベール
    そんな折、ジルベールはダルニーニの罠にはまりアヘンへ溺れてしまう。

    生活に押しつぶされる2人の最後は…

    ジルベール!!
    ある意味、美しいまま記憶に残る残酷な幸福

    番外編「幸福の鳩」はロスマリネとジュールの過去が明らかに…

  • 最終巻から精神的に1週間立ち直れなかった、、、

  • 竹宮恵子 風と木の詩

  • 元祖少年愛物。
    ジルベールの最期には本当に驚きました。呆気無い…あのジルがそんな……と絶句して、暫くページを捲れませんでした…。

  • 何度読んでも泣けますゥワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!
    これぞ少女漫画!!
    19世紀のフランスの寄宿学校を舞台に繰り広げられる、
    異常なまでの愛憎劇!!

全5件中 1 - 5件を表示

竹宮惠子の作品

ツイートする