イブの息子たち (1) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.82
  • (14)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 122
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592881810

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カオスとしか言いようのない世界観とキャラクター。
    大好きな作品です。昔も今も、無名の端役が好きで仕方ない。

  • バージルとヤマトタケルの仲が好きです!

  • ジャスティンも良いけどヒースもね(ニジンスキーもね

  • 登場人物がほぼ例外なく変態(男はゲイ、女はサディスト)で構成されているコメディです。歴史上の人物が次々と登場しますが、諸葛孔明がオカマだったり、ナイチンゲールが盲腸コレクターだったり、とにかく凄まじいです。その人物について最低限の知識がないと、笑えない部分もありますが、この漫画を読んで知っていくのも面白いと思います(私がそうでした)。コマの細かいところまで遊び心満載なので、読むのに時間がかかりますが、それだけの価値がある作品だと思います。

  • 小学生の時に読んで衝撃を受けた漫画。大人が読んでも面白いと思う。
    今となってはもう出来ないギャグ満載。
    当時は「無名の端役」が誰か分からなかったな(モウニングで連載されている人ですよ)
    絵的にはイブの息子たちの後半からエル・アルコンの時代が一番好きですね。

イブの息子たち (1) (白泉社文庫)のその他の作品

青池保子の作品

ツイートする