パッション・パレード―朱鷺色三角 2 (第2巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.55
  • (7)
  • (2)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :72
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592882954

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏休み、ジョーカーがシカゴの幼馴染の麻薬密売に巻き込まれ、リンとレイは疑いを晴らしに、探しに行く。無事解決し、アイラが現れたことでジューンとついに気持ちを確かめ合う二人。
    ガヴィも参加して行ったキャンプでノーザン大のテイラーたちに会い、いやがらせを跳ね除けバスケの試合で勝利。
    それが後に悲惨な事件を巻き起こす。

    つぼみの扱いが小さくなってきたのがちょっと物足りないなー。リンが一人で青春してるせいだけど。

  • ジョーカーの話が大好き。
    警察に捕まる前、リンに「おまえは大学に行け!」と言うところや、リンの「自分だけは絶対にジョーカーを信じる」という言葉を聞いて、静かに涙を流すところ。読む度に泣けてしまう。

  • ゆっくりと眼を開けてみると・・
    このあたりがすごく好き

全3件中 1 - 3件を表示

パッション・パレード―朱鷺色三角 2 (第2巻) (白泉社文庫)のその他の作品

樹なつみの作品

パッション・パレード―朱鷺色三角 2 (第2巻) (白泉社文庫)はこんな本です

ツイートする