竜の眠る星 (第1巻) (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.83
  • (73)
  • (40)
  • (101)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 385
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・本 (419ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883494

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学生の私を大きくゆさぶった作品。絵の美しさもさることながら、
    「きれいな男の子(人間じゃないけど)が色っぽく、誘い受」という
    私の好みを完全に方向づけたマンガでした。
    今この作品を描いたら、ヘンな方向に話がいってしまって
    あのラストシーンはなかっただろうなあ。
    あの階段のシーンは、感動を通り越してトラウマみたいなものです。たぶん、感性のとんがった時期に読んだ人はみんなそうでしょう。
    これが好きすぎて、月の子も輝夜姫も最後まで読めてない。これを清水玲子に求め続けてはいけないのは重々承知で、これを残してくれたことにただ感謝。大好きです。

  • ジャック&エレナシリーズ特に「竜の眠る星」は清水玲子最高傑作と思っています。

  • 一応シリーズものですが、前後の話を知らなくても充分話は判ります。
    ラストというか、ラスト直前の女王に泣けました。中編以上の漫画って、最後があんまり上手くないのが多い(と少なくとも私は思う)のですが、この作品の話の収め方はとても綺麗でうまい。

  • これも、アンドロイドが登場するSF漫画。清水さんの絵は、とても綺麗です。つきの子も面白かった。

  • 今まで読んだ漫画の中で、初めて涙が止まらなくなった作品です。
    この作品に登場する女王の不器用さが、すごく切なくて。
    モニカをひきずって女王が最上階を上がっていくラストシーンは、何度読んでも涙腺がにじみます。

  • 私が持ってるのは文庫版じゃないけど…
    兎に角ラストが絶品!!!!
    清水先生作品一番の号泣本;;

  • ジャックとエレナはね、すごくさっぱりしてる。涙すら「さらさら」って音たてて流れてるって感じるくらい。
    でも著者の画力が織り成す無言の会話の中で、なにか深い根をはってるんだなこいつらはって思っちゃうんだよね。
    この人の本を読んでるとあたしって女の子じゃんて思う。

  • 絵が!話が!きれいで泣けてしまいます。
    美しすぎる。

  • アンドロイドのジャック&エレナのシリーズ。<br>
    100年も200年も存在し続けるロボットの不老不死ゆえの切ないお話。シリーズの中で一番好きなお話です。ラストの女王とモニークのシーンはいつみても切ない。

  • ジャック&エレナシリーズです。今読んでも美しい〜(こればっか)でもほんとにキレイです。

全35件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

清水 玲子(しみず れいこ)
1963年兵庫県生まれ、熊本県熊本市育ちの漫画家。1982年、『フォクシー・フォックス』で「第9回ララまんがハイ・スクール(LMHS)」佳作受賞。1983年、『LaLa』掲載の『三叉路物語(ストーリー)』でデビュー。
2002年『輝夜姫』で第47回小学館漫画賞受賞。2011年『秘密 ―トップ・シークレット―』で第15回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞。同作は2016年に生田斗真・岡田将生主演で映画化された。

竜の眠る星 (第1巻) (白泉社文庫)のその他の作品

竜の眠る星 1 (白泉社文庫) Kindle版 竜の眠る星 1 (白泉社文庫) 清水玲子

清水玲子の作品

竜の眠る星 (第1巻) (白泉社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする