全て緑になる日まで (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社 (1996年12月1日発売)
3.80
  • (27)
  • (11)
  • (41)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :203
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883548

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 性愛というファクターが……。
    表題作、マリオンとトリステスの間を動き回るレージデージがかわいいなぁと思っていたら、まさかトリステスがあんな正体とは……。
    また「アポストロフィS」でも性愛のファクターが作用している。
    「よくある」題材ともいえる「F式蘭丸」も、構成が巧み。

  • 1975~1976年発表の、古式ゆかしい学園マンガ。

  • 常々思うけど、大島弓子は、妖精なの?

  • 好き♪

  • だいぶファンタジー要素が強い。乙女乙女乙女。
    ひとまず作品そろえたいと思う今日この頃。

  • 大好き。『ヨハネが好き』には必ず落涙。

  • 「F式蘭丸」「10月はふたつある」「リベルテ144時間」 「ヨハネがすき」「全て緑になる日まで」「アポストロフィS」収録。どれもよかった!!けど、特に「F式蘭丸」が秀逸。「ヨハネ」もよかった。むく鳥の子供が、かさこそいう枯葉の音をお母さん鳥の足音と間違える詩(浜田廣介作)の使いどころとか、ほんと涙腺刺激する。

全7件中 1 - 7件を表示

全て緑になる日まで (白泉社文庫)のその他の作品

大島弓子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡崎 京子
有効な右矢印 無効な右矢印

全て緑になる日まで (白泉社文庫)に関連する談話室の質問

全て緑になる日まで (白泉社文庫)はこんなマンガです

ツイートする