いちご物語 (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.70
  • (31)
  • (36)
  • (65)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 334
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (423ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883555

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『ひとりのマンガ描きの中で死んだはずのキャラクター達はよみがえりよみがえり別なストーリーの中で生きるわけなのだ』切なさが素直に胸に響く。こんなありきたりの言葉が、賛辞として成立するのも全てこの作品があるからこそ。(当たり前のようでいて当たり前でない。)

  • 誰も悪人が出てこないんだもんなー、卑怯なくらい優しい人ばっかり。
    互いに思いやりを持って自己犠牲を考えている関係というのは、やはりすばらしいなぁ。
    いちごの服装がだんだんガーリッシュになっていくところがよい。

  • 綿の国星が好きなのでこちらも読んでみたけど、自分には合わなかったなあと…。

    然子やオオカミマンは物語が進むにつれ成長したのだなと感じて好感がもてたけど、いちごと林太郎は頑張ってそう思わないとだめだった。最後も印象的できれいな終わり方だけど、それまでのこと、人を想うとモヤモヤする。
    綿の国星のチビや時夫のことは好きなのに、その二人に似ているいちごたちに好感がいまいちもてないのはなんでだろう。
    綿の国星読み返そう。

  • なんだかすごく…少女漫画。
    多くの人は然子ちゃんにぐっときながらもいちごに憧れたりするんじゃないだろうか。

  • 手を繋いで眠ること。目を合わせて話すこと。帯文

  • なんとなくダラダラどうにか読み進めていましたが、
    最後の2ページぐらいで読んできた時間が報われた感じです。
    そうかぁ、こういうエンディングなんだ……と
    しばし余韻がありました。

  • やさしい

  • 胸いっぱい。きゅん。

  • 「ネイネイ!タックタック!フェロートフェロート!」

  • YUKIの「ストロベリー」という曲のモチーフになっているということで古本屋で探しに探して買いました

    なんかちょっと良く分からない・・・
    はっきりいって登場人物たちは稚拙で、実は破天荒で何も考えてないと思われがちな主人公いちごが大人なんじゃないかな~

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

栃木県生まれ。短大在学中に『ポーラの涙』でデビュー。昭和53年より「月刊ララ」に掲載された『綿の国星』は、独特の豊かな感性で描かれ、大きな反響を呼ぶ。『ミモザ館でつかまえて』『夏のおわりのト短調』『パスカルの群』など著書多数。

「2011年 『グーグーだって猫である6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島弓子の作品

ツイートする