サバの秋の夜長 (白泉社文庫)

著者 :
  • 白泉社
3.94
  • (59)
  • (27)
  • (64)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 324
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883609

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分の周りを取り囲む、生き物達の事を。

    私は普段、どう感じていたんだっけな…、
    と、思いをフト、巡らせたくなってしまった。

    飛びまわるハエ。
    うごうごと蠢く毛虫。
    また、ごみ収集場に集まっているカラス。

    嫌。
    気持悪い。
    不快~~~


    すーっと庭を通り過ぎてく猫がいる。

    可愛い!^^♪と、一瞬思うだけ。

    昆虫、害虫、動物、ヒト以外のあらゆる生き物…

    は、完璧に切り離され居るんだな、と、気付いたつまらない世界感。


    『サバ』とは著者が飼っている猫ちゃんの事だ。

    著者が振り回した(感性)と言う名の魔法の杖は、
    あらゆる生き物を擬人化し、
    見えにくかった世界のいちぶをちょっと傾けてくれた。

    『サバ』が知ってる、家の中で一番心地よい場所が
    そこに現れた様なぽかぽかコミック♪

  • 『鼻声って自分じゃないみたい 電話してみっかな』『ええあたし コーヒーのむとてきめんに肯定的になってしまうんです』『あんたのためにということばは いつ いかなる時も美しくない』素晴らしいなあ。

  • グッド

  • MOTOさんよりきっかけいただき本棚登録。
    ありがとうございます♪

  • やっぱり私はグーグーよりこっちが好きだなあ。なんでだろ。サバはもうあの姿でしかイメージできない。実際はどんな猫だったんだろうな。冒頭でいきなり五位鷺まで擬人化されていて(!)あらためて大島先生の発想のすごさに感じ入る。ノミのポーレットとミシェールがあまりにも可愛い。

  • しみじみする漫画。一人と一匹の静かな生活。いつかネコと暮らしたい。そして先輩にあやかりサバと名付けるんだ。

  • 擬人化っておもしろいなー

  • すごくすごく好き。
    大島先生の視点は本当にすごい。深い。
    単なるネコエッセイの枠をはるかに超えている。
    擬人化ってあんまり好きじゃないけど、これは大好き。
    むやみにしゃべったりすることなく、その存在感だけが大きく擬人化されているから。
    人間よりも大きく描かれているあたりからも、サバの存在の大きさが分かる。
    ノミや●●ブリやハエまで擬人化されていて、これらが喋ったりしているのは逆に面白い。

  • 猫にゃんが、といわず、鳥や虫なでもが擬人化されているのに慣れるまで、少し時間がかかった。だから、飼い猫であるサバが、毛皮のコートを着てないのが不思議に思われる。
    猫漫画には違いないが、大島さん自身が中心となって物語が進んでいくので、人間の世界にうまくなじめない繊細さが、浮き彫りになる。そしてサバのいることで生活を送っていける。
    まだ若かった自分自身と重なって、いまはもういない飼い猫ジョジョのことを思い出した。
    いつか、また、猫にゃんをぎゅっと抱きしめられる時がくるのだろうか。

  • 大島弓子と愛猫サバの蜜月な日々。
    「グーグーだって・・・」よりもこっちのほうが好き。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

栃木県生まれ。短大在学中に『ポーラの涙』でデビュー。昭和53年より「月刊ララ」に掲載された『綿の国星』は、独特の豊かな感性で描かれ、大きな反響を呼ぶ。『ミモザ館でつかまえて』『夏のおわりのト短調』『パスカルの群』など著書多数。

「2011年 『グーグーだって猫である6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大島弓子の作品

ツイートする