虹の戦 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)

著者 :
  • 白泉社
3.22
  • (2)
  • (5)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784592883661

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  『ガラスの仮面』ファンにとってはたまらない一冊。

     というのも、『雪の音』『雪の日』『ふりむいた風』の短編3本が、『ガラスの仮面』における恋愛絡みの描写を先取りしているからです。「主人公たちを孤立させることで結びつける」というメロドラマの常套手段を、短いページ数のなかでこれでもかと駆使しまくる剛腕に圧倒されます。登場人物も当然ながら少なく、『ガラスの仮面』が140分超えの大作映画だとするなら、こちらはさしずめ90分以下のB映画。無駄が切りつめられて緊密な印象のある、非常に読み応えのある短編だと思います。

  • 収録されている「雪の音」は美内先生の短編でいちばん好きな作品。タイトルにまつわるエピソードが素敵。

  • 明智光秀がイケメンで思わせぶりに大コマででてくるのに特に使われることなく終わってしまった…。だいたい史実に忠実っぽい内容が美内節で語られてるだけで特におもしろいどんでん返しなどはなかった。

    あと、なんか不幸フラグたってるけど美内だから最後はハッピーエンドで締めてくれるんだろうなと油断して読んでたら死にネタで落ち込んだ。

    それにしてもヒロインの彼氏の黒髪率がすごい。

全3件中 1 - 3件を表示

美内すずえの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

虹の戦 (白泉社文庫―美内すずえ傑作選)はこんな本です

ツイートする